FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 映画「君と100回目の恋」岡山でロケ イオンモールにも展示!

映画「君と100回目の恋」岡山でロケ  イオンモールにも展示!

 瀬戸内市や玉野市などで撮影が行われた映画「君と100回目の恋」が2月4日に公開される。人気シンガー・ソングライターのmiwaと、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作への出演が続く俳優・坂口健太郎のダブル主演。miwaが「岡山の人たちが見覚えある風景がたくさん出てくるはず」と話すように、穏やかで美しい瀬戸内海など地域の魅力がふんだんに盛り込まれた作品だ。 映画は、交通事故で亡くなる女子大生・葵海(あおい)(miwa)の運命を変えようと、幼なじみで、葵海への思いを秘めた陸(坂口)が何度もタイムリープ(時間跳躍)するという純愛物語。ドラマ「1リットルの涙」などを手掛けた大島里美によるオリジナル脚本だ。 昨年5月、玉野市・王子が岳の山頂付近で行われた撮影。海と青空の境界が溶けあうように青の濃淡が広がり、瀬戸内の島々が浮かび上がる中、高台のベンチで一人ギターを弾きながら歌う葵海。歩いてやってきた陸が葵海の頭にポンと手を置き、隣に座る?。 テストを繰り返し、監督の指示で目線や体の角度を細かく調整。カメラの角度を変えて、何度も同じ場面を撮影した。「本番!」の声が響くと現場の空気はピリっと引き締まるが、合間の雑談では和やかなムードに包まれていた。 「現場の雰囲気が良いし、きっと多くの人に愛される作品になる」と坂口。miwaも「瀬戸内海を見ながら、のびのび育った女の子になれた」と手応えを感じている様子だった。 今作は、王子が岳のほか、瀬戸内市牛窓地区や岡山県立大(総社市)、路面電車が走る岡山市中心部でも撮影。映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」などで知られる月川翔監督は「穏やかな海に柔らかい光が差す風景と、まちの空気にひかれた」とロケ地に選んだ理由を語った。 公開へ向けて、ロケを誘致した岡山県フィルムコミッションも盛り上げを図っている。JR岡山駅地下のももたろう観光センター(岡山市北区駅元町)前で今月上旬から、場面を切り取った写真パネル24点やmiwaと坂口が着用した衣装を展示。主演2人が手のひらを重ねて大きさを比べ合うなど“きゅん”とするシーンが満載で、女子高生やカップルが映画の世界を楽しんでいる。パネル展は瀬戸内市観光センター・瀬戸内きらり館でも開催中。 月川監督は「こんな大学生活が送れたら幸せだろうなと思える作品。青春の恋愛を描いているけど、大人が見ても感動できるはず」と自信をみせた。 「君と100回目の恋」は、イオンシネマ岡山、TOHOシネマズ岡南などで公開予定。
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR