FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 現代アートの国際展は、継続できるか? 岡山芸術交流 経済効果20億円超

現代アートの国際展は、継続できるか? 岡山芸術交流 経済効果20億円超


昨年10、11月に岡山市中心部で現代アートの国際展「岡山芸術交流」を初開催した実行委員会は16日、同市役所で会議を開き、岡山県内に20億4800万円の経済波及効果があったとする推計を明らかにした。開催経費約4億1800万円の4・9倍に当たる。 実行委は同市、アパレルメーカーのストライプインターナショナル(同市北区幸町)、県など16団体で構成。16カ国31組のアーティストによる52作品が展示され、会期中、岡山城(同丸の内)など10会場に国内外から延べ23万4136人が訪れた。 効果額は、来場者約1800人が回答した支出などに関するアンケートを基に、県の産業連関表を用いて岡山経済研究所(同所)が推計。それによると、効果額の内訳は宿泊費や飲食費、交通費といった来場者の支出などを示す直接効果が13億2200万円、会場周辺の飲食店の材料購入などによる第1次波及効果は4億2700万円、開催に関わる雇用者の所得増加に伴う第2次波及効果は2億9900万円だった。 実行委によると、総収入のうち同市、県、国が計2億円、石川文化振興財団が1億円を負担し、チケットなどの販売収入は2930万円。また収支は1364万円の黒字の見通しという。 実行委会長の大森雅夫市長は会議後、「経済効果だけではなく、現代アートによって岡山の歴史と文化を広く発信できたことは大きな財産となった」と述べ、2019年に予定している第2回開催に意欲を見せた。
//////
参考

岡山観光?!  訪日客の人気急上昇ランク、トップ香川・2位は岡山? 楽天

岡山 外国人の人気旅行先、岡山市が上昇率2位

岡山がかわる? 西川緑道公園 岡山市の歩行者天国実行委が発足 回遊性向上なるか?岡山中心街活性化?

<岡山芸術交流> 「岡山市芸術祭」10月1日開幕 から 閉幕まで  2016
//////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR