FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山がかわる! 映画 「ひるね姫」 スポーツ 料理 海外へ・・・ など

岡山がかわる! 映画 スポーツ 海外へ・・・ など


岡山発 さらば日本一の長距離列車 (山陽線岡山発下関行き  JR岡山駅)

JRグループの春のダイヤ改正に伴い、定期の普通列車として運行距離が国内最長だった山陽線岡山発下関行きが、3日の運行を最後にダイヤから消える。道中82駅に停車しながら384・7キロを7時間33分かけて走る鈍行列車が“日本一の座”を明け渡す。 JR西日本によると、岡山—下関間の直通運転(午後4時17分岡山発、11時50分下関着の片道)は2016年春のダイヤ改正に合わせ、4両編成で始まった。「検査や整備のために下関総合車両所へ車両を届けるためのダイヤ」(同社広島支社)だったが、4日の改正で東広島市の山陽線に新駅「寺家」が開業。各駅への停車時刻が変わった影響などで直通運転がなくなった。 廃止を目前にした1日、岡山駅では名残を惜しむ鉄道ファンの姿が多く見られた。車両や「下関」の行き先表示をカメラに収めていた大学4年男子学生(22)=大阪府=は「この列車に乗りたくて在来線を乗り継いできた。長旅になるが、景色や雰囲気を楽しみたい」と話した。 改正後はダイヤ上、定期の普通列車としてはJR根室線滝川発釧路行き(308・4キロ)が最も長い距離となる。この便は16年春以来1年ぶりに日本一に返り咲くが、昨夏の台風被害で一部区間が不通となり、再開のめどが立っていない。実際に乗車できる最長距離の普通列車は山陽線糸崎発下関行き(297・2キロ)になりそうだ。

//////

岡山 (奉還町商店街)のカフェがファジアーノ岡山応援企画 テークアウトコーヒー、勝利で無料に



 岡山の奉還町商店街にあるカフェ「D'otto café (ドットカフェ)」(岡山市北区奉還町3、TEL 080-6394-1904)が3月5日、J2サッカーチーム「ファジアーノ岡山」応援企画「勝ったら無料キャンペーン」を行う。

 応援メッセージ入りの紙コップ

 ファジアーノ岡山は昨シーズンJ1昇格プレーオフ決勝戦まで勝ち進んだが、昇格には及ばなかった。ホームゲーム初戦となる同日はロアッソ熊本を迎えシティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で対戦する。

 同店は岡山駅とスタジアムとの間にある奉還町商店街にある。試合前に同店でテークアウトコーヒー(300円)を購入した人に、試合が勝利だった場合、全額返金する。店主の三好麻友さんは「地元を応援したい気持ちはあるが、スタジアムへ行けない。同チームを応援する人を応援したい。スタジアムまで行く道中、奉還町商店街に立ち寄ってほしい」と話す。同企画はホームゲームの日、継続して行う予定。

 2015年9月5日にオープンした同店。席数は6席とピアノのある自称「岡山で一番小さなカフェ」。三好さんは、昨年から全国で上映されているドキュメンタリー映画「クワイ河に虹をかけた男」の音楽担当をするなど、ピアニストの一面も持つ。「音楽の話はよくするが、ファジアーノのことは詳しくないので教えてほしい。奉還町商店街で勝利を願って待ち、試合後にハイタッチで迎えたい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時〜17時。月曜定休。
//////

小学校英語教科化へガイドライン 2月定例岡山県議会 

2月定例岡山県議会は2日、一般質問を続行。上田勝義(自民、井原市・小田郡)、高橋徹(民主・県民クラブ、岡山市中区)、三宅和広(同、倉敷市・都窪郡)、太田正孝(自民、岡山市北区・加賀郡)の4氏が県政全般をただした。竹井千庫教育長は、2020年度からの次期学習指導要領案に盛り込まれた小学5、6年生の英語教科化などに対応するため、年内に小学校向けのガイドラインを作る考えを明らかにした。 上田氏は、英語教科化に向けた授業時間の確保策などを尋ねた。竹井教育長は「国が示した授業時間確保の方策のメリット、デメリットなどを研究し、今年中にガイドラインを取りまとめて学校に周知する」と述べた。具体的には、英語の授業を週3回15分ずつ行う場合や、土曜日などを活用するケースの長・短所を示す予定。20年度の全面実施を前に、試験導入する学校などに活用してもらう。 高橋氏は、耐震基準を満たしていない県庁舎について、県が建て替えではなく改修する方針を示した理由を質問。伊原木隆太知事は、本庁舎本館と議会棟旧館を建て替えれば約227億円かかるのに対し、改修では約135億円に抑えられるとの概算を念頭に「改修では有利な起債が活用でき、実質的な県負担が軽減される。工事中の業務への影響も少ない」と理解を求めた。 三宅氏は、三菱自動車の燃費不正問題で影響を受けた地場企業に対し、製品開発などを支援した補助制度の成果を聞いた。知事は、14社の16事業で技術開発や新分野進出を支援し、2社で販売実績が上がったと報告。17年度も「自動車関連産業育成のため、アドバイザー派遣など幅広く支援したい」と述べた。 太田氏は、県が鶏卵生産量が全国5位(15年)の産地という事情を踏まえ、高病原性鳥インフルエンザ対策などを尋ねた。京博司農林水産部長は「15年の鳥インフルエンザ発生時の対応を教訓に防疫態勢を強化し、農家を指導してきた。引き続き研修会などで衛生管理の向上を図る」と答弁した。
//////
映画「ひるね姫」グッズ当てよう  舞台・岡山県倉敷市下津井地区など


 アニメ映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語」の全国公開を前に、ストーリーの舞台・倉敷市下津井地区などを巡るスタンプラリーが1日、始まった。専用台紙にスタンプを集めて応募すると、ひるね姫キャラクターのイラスト入り帆布バッグなど、映画にちなんだ限定グッズが抽選で当たる。6月30日まで。 スタンプ台は、映画のシーンと同じ瀬戸大橋の眺望が楽しめる田土浦坐(たつちのうらにまします)神社をはじめ、JR児島駅構内の観光案内所、四柱(よはしら)神社、ジーンズミュージアムなど下津井・児島地区の8地点に設置。地点ごとに絵柄が異なるひるね姫キャラのスタンプを使い、専用台紙(全9マス、3×3の四角いブロック状)の中央1マスを除く8マスを埋める。マスに描かれた柄と対応するスタンプを押していく。 ビンゴゲームの要領で、2列以上そろえるとキャラのイラスト入り缶バッジセット(千個)、3列以上でマスキングテープ(300個)、4列以上で帆布バッグ(60個)、5列以上で掛け時計(20個)に応募できる。全スタンプを集めて応募した人は、児島のジーンズ生地と帆布で作った主人公の相棒キャラ「ジョイ」のぬいぐるみ(5個)が当たる抽選にも自動的に参加する。 台紙とマップは市役所本庁と全7支所のほか、市内の観光案内所や図書館などで配布。台紙に氏名、住所、希望賞品などを記入し、スタンプ台に付属のポスト(田土浦坐、四柱の両神社は不設置)へ投函(とうかん)する。当選者には7月下旬ごろまでに賞品が発送される予定。 企画運営する市観光課は「スタンプラリーとともに、食事や買い物といった地域観光も存分に楽しんでほしい」としている。

//////
「ひるね姫」スタンプラリー 岡山県倉敷市にてスタート VRアプリも配信

2017年3月18日公開の映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』のスタンプラリーキャンペーンがスタートした。舞台となった岡山県倉敷市の児島・下津井周辺エリアにて3月1日から6月30日までの期間行われる。

『ひるね姫』スタンプラリーは瀬戸大橋を望む港町の児島と下津井で開催される。現地には本作の原風景と出会えるビュースポットや、スタンプラリーが楽しめるラリースポットが登場。スタンプを集め応募すると限定グッズが抽選で当たる企画となっている。
両スポットはアニメの舞台を巡るスマホアプリ「舞台めぐり」とも連動する。アプリはロケ地観光の際に役立つだけでなく、チェックインすることでジョイ役の釘宮理恵による特典ボイスも楽しめる。アプリの配信は8月31日までだ。
また東京と大阪ではVR上で瀬戸大橋にトリップし、主人公たちを追体験できるスポットも特設。舞台の地である倉敷はもちろん、作品の魅力を全国で体感可能だ。

なお3月1日には本作のラッピング電車・バスがJR山陽本線・下電バスにて走行を開始した。JR児島駅のホームではデニム素材でできたポスターや主人公・ココネの制服をイメージした衣装も展示されている。
運行開始当日はJR児島駅バスロータリーにてラッピングバス記念出発式が行われた。イベントには伊東香織倉敷市長、倉敷市議会議員、JR児島駅長、下津井電鉄社長、下津井東小学校27人をはじめ多くの地元市民が参加した。伊東市長は「ラッピングバス、ラッピングトレインに地元の夢を乗せて、たくさんの方がこの街を訪れ周遊していただきたい。そして、映画の良さ、下津井の良さ、倉敷の良さが、より伝わってくれれば」と式典を締めくくった。

映画『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』
3月18日全国ロードショー

スタンプラリーキャンペーン
期間:2017年3月1日(水)〜2017年6月30日(金)
場所:岡山県倉敷市児島・下津井周辺エリア

スマホアプリ(AR)
期間:2017年3月1日(水)〜2017年8月31日(木)
場所:岡山県倉敷市児島・下津井周辺エリア
//////

<ひるね姫>ラッピング電車やバス 地元舞台映画PR 岡山

岡山県倉敷市児島地区を舞台にしたアニメ映画「ひるね姫」(神山健治監督)が18日に全国で封切られるのに合わせ、映画の登場人物などのラッピングを施したバスや電車が1日、走り始めた。

 同市とJR西日本、下津井電鉄などが協力。JRの電車は3両1編成で、映画でも描かれる瀬戸大橋を渡る瀬戸大橋線のほか、山陽、赤穂、伯備、宇野の各線を走り、県内を中心に近隣県でもPRする。

 下津井電鉄のバスは、主人公の女子高校生が暮らす設定の下津井など児島地区南端を循環する路線を中心に1台、JR児島駅と倉敷駅を結ぶ路線に1台の計2台を投入する。

 いずれも6月末までは走り、映画の話題の広がり具合などを見て最長で来年2月末まで運行を延長する。

 この日は児島駅のバスターミナルと駅ホームでそれぞれ出発式があり、伊東香織市長らが「上映を機に、下津井、児島、倉敷を全国、世界にPRしたい」とあいさつした。

//////

岡山県内ギャンブル依存症7.8万人、「ネット依存」の可能性がある成人が約6万人

 岡山県は3日、県内にギャンブル依存症の疑いがある人が約7万8千人、生活に支障が出るほどインターネットを使う「ネット依存」の可能性がある成人が約6万人いるとの推計を明らかにした。 県議会一般質問で、荒木裕人保健福祉部長が報告。各依存症の人数は、厚生労働省が全国の成人約4千人を無作為抽出して行った2013年のアンケートを基に、県が県人口から推計で割り出した。 荒木部長は、ギャンブル依存症対策として「県精神科医療センター(岡山市)を核とした医療ネットワークを構築するとともに、医療関係者の研修会を通じて人材養成や依存症への理解促進に取り組んでいる」と答弁。ネット依存に対しては「県精神科医療センターで独自の回復支援プログラムの確立や家族教室の開催などに取り組んでおり、回復支援体制の整備に努めたい」とした。 同センターは厚労省が指定している全国5カ所の「依存症治療拠点機関」の一つで、07年にはギャンブル依存症の専門外来を設置している。
//////
海渡る 岡山 矢掛「大名行列」 ◇4月 米のパレードに参加


 ◇「海外から観光客を」 殿様ら一行 町PR

 江戸時代に宿場町として栄えた矢掛町の「大名行列」が4月、米・サンフランシスコで開かれるパレードに臨む。水害からの復興を目指して始まり、4万人もの観光客が訪れるまでに育った町の名物行事。海外からの誘客につなげようと初めて海を渡り、異国の地で時代絵巻を繰り広げる。

 大名行列は毎年11月、町中心部の矢掛商店街などで開催。豪華な衣装をまとった殿様や姫君、奥方らが、「した(下)にー、したに」の声に合わせ、古い町家が並ぶ旧山陽道を練り歩くもので、1976年に始まった。

 県立矢掛商業高校(現・矢掛高校)の郷土研究部が、参勤交代の大名が宿泊した旧矢掛本陣石井家住宅と旧矢掛脇本陣高草家住宅(ともに国重文)を題材にしたスライド作品で、70年に全国コンクールで入賞。これをきっかけに、両本陣の活用策として、大名行列を地元の商工会に提案していた。

 町は76年9月に、台風の集中豪雨で商店街が浸水するなど、大きな被害が出た。商工会の青年部が「活気を取り戻そう」と、商店主らに呼び掛けて動き出したときに、同部のアイデアが採用され、実現した。

 当初、観光客はほとんどいなかったが、年々増えて秋の行事として定着。出演者の確保に苦心した時期もあったものの、岡山大の留学生や町内企業で働く外国人技能実習生らも行列に加わることで乗り越え、国際色も豊かになった。

 サンフランシスコでの行列は、実行委員会(事務局・備中西商工会)が企画。米国最大規模の桜祭りとされる「北カリフォルニア桜祭り」最終日の4月16日に、日系人街・ジャパンタウンのメインストリートで行われるパレードに参加する。町での大名行列をそのまま再現し、殿様ら一行が約2キロを歩く。

 町から渡米する約40人のほか、現地の大学などを通じて参加者を募り、計約80人で歩いて交流を深める。英語や中国語のチラシも用意するなどして、町をPRする準備に励んでいる。

 郷土研究部の顧問だった大通寺(矢掛町小林)の柴口成浩住職(76)は「素晴らしいこと。当時の部員たちもびっくりするのでは」。実行委員長の佐伯健次郎さん(66)は「町全体が一体感を持って、にぎわいを作っていくきっかけにしたい」と意気込んでいる。

//////
イオン岡山で地産地消料理教室


イオンモール岡山(岡山市北区下石井)内の総合スーパー・イオンスタイル岡山は3日、飲食店でつくる岡山県産農産物の活用グループ「岡山ナチュレ」と連携し、地場産食材を使った料理法などを教えるイベントを同店で始めた。9月にかけて定期開催する予定。 地場産品のPRや生産者支援につなげようと企画した。この日は洋食店・プロポスタ(同中山下)の公文路子シェフが、事前に申し込んだ17人に小鍋を使った県産野菜の蒸し焼きを指導。「ニンジンやゴボウの皮はできるだけむかない」などと説明しながら、実際に調理した。 4日はパクチー料理とワイン教室(受け付け終了)、5日は小学生対象のパンナコッタの料理教室(当日参加可、1500円)を実施。5、7、9月にも計画している。 イオンスタイル岡山の金野司店長は「消費者に地元の食材に興味を持ってもらうきっかけにしたい。地場産品の品ぞろえの強化も検討していく」と話していた。
/////
参考


イオン 岡山 周辺 地産地消料理教室

/////

岡山 ファジアーノ運営スタッフら、心停止の対応学ぶ

5日のホーム開幕戦を前に、ファジアーノ岡山スポーツクラブは4日、岡山西消防署の救急救命士らを招き、心臓マッサージとAEDの使い方を学ぶ「AED講習・救命講習会」を開いた。

 会場のシティライトスタジアム(岡山市北区)には、試合会場の運営などに携わるクラブスタッフとボランティアスタッフ約40人が集まった。参加したスタッフらは真剣な表情で、救急救命士の説明を聞いた。

 実演では5グループに分かれ、それぞれに女性消防隊員1人がついて指導にあたった。心停止状態の人に見立てた人形を使い、交代で心臓マッサージを継続することなど、救急車が到着するまでの対応を学んだ。

 岡山市中区、会社員大西正志さん(55)は、「助けるためには勇気が必要。対応を学んでおくことで、もしもの時への心の準備ができる」と話した。

/////

J1昇格へ」1万人超が鼓舞 ファジアーノ岡山


 さあ、悲願のJ1へ—。サッカーJ2ファジアーノ岡山の今季ホーム開幕戦が5日、岡山市のシティライトスタジアムで行われた。昨季J1まで「あと1勝」に迫ったチームを後押ししようと1万人超のサポーターが集結。熊本を相手にドローに終わったが、最後の笛が鳴るまで声援を送り続けた。 昨季は過去最高のリーグ6位でプレーオフに初進出。夢舞台に手をかけたチームへの期待を表すように、入場ゲートには開門前から長蛇の列ができ、スタンドはファジレッドに染まった。J2参戦9年目。会社員男性(31)=岡山市南区=は「今年こそ昇格してくれると強く信じ、声を振り絞りたい」。 今季は11人の新戦力を迎え入れた。前半、絶妙なスルーパスで好機を演出したのは湘南から加入したFW大竹洋平だ。「力はファジの方が上。FWが必ず点を取ってくれる」と総社市の中学2年男子(14)。その願いが通じたのは後半2分、FW豊川雄太が均衡を破るヘディングシュート。待望の先制点に大歓声と拍手がスタジアムを包み込んだ。しかし勝利目前のロスタイムに失点し、今季初勝利は惜しくもならなかった。 ホーム開幕戦では2年ぶりに入場者が1万人を超えた。会社員女性(60)=岡山市東区=は「前向きな気持ちで応援に足を運び、鼓舞したい」。大願成就へ、選手とサポーターの挑戦が再び始まった。
/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR