FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山がかわる? JR岡山駅前東口 再開発 事業者にJV決定 岡山駅前商店街(周辺)

岡山がかわる? JR岡山駅前東口 再開発 事業者にJV決定 岡山駅前商店街(周辺)

 JR岡山駅東口で計画されている岡山市北区駅前町1丁目地区の再開発事業で、地権者らでつくる再開発準備組合が、核テナントとなるホテル整備を担当するJR西日本不動産開発(兵庫県尼崎市)などの共同企業体(JV)を、開発事業者として正式に決めたことが13日、分かった。 JVは同社とマンション販売などの野村不動産(東京)、ゼネコンの奥村組(大阪)の3社。7日付で事業協力協定を結んだ。JVは昨年12月、JR西系列の高級ホテルとマンション、立体駐車場の3棟からなる計画を組合に示し、開発事業者に内定していた。 予定地は岡山駅前商店街と市役所筋に面した約1ヘクタール(道路除く)で、映画館や貸しビル、駐車場などがある。 構想では、ホテル棟は24階程度。宿泊中心の高級業態でスイートルームを設けるほか、コンベンション施設も確保する。マンション棟は28階程度。3棟とも低層階に物販や飲食、アミューズメントなどの商業施設が入る。3棟は2階部分をデッキで行き来でき、将来は駅舎と結ぶことも視野に入れている。 準備組合は権利者40人・法人のうち約7割が加入し、昨年9月に発足した。今後は岡山市の都市計画決定を受けて再開発組合に移行し、早期の事業化を目指す。

/////


参考

岡山駅前再開発 事業者にJV決定 岡山駅前商店街(周辺)がかわる?


岡山駅前商店街の「桃太郎市」が3周年 ご当地ヒーローの「お姫様抱っこ」も

イオン 岡山 周辺 JR岡山駅東口 再開発 事業者にJV決定 岡山駅前商店街(周辺)がかわる?

岡山から イトーヨーカドー岡山 がなくなる日 (ヨーカド跡地には、何が? ) 2017年2月28日閉店


イオン 岡山も苦戦? 総合スーパー業態苦戦  / <イトーヨーカドー岡山店>閉店へ 来年2月めどに イオン開業で客奪われ

総合スーパー業態苦戦  (イトーヨーカドー岡山店閉店 跡地になにが・・・)


「イオンモール岡山」少し、心配?  (集客力がピンチか? 戦略の見直しが必要か?)

イオン 岡山 周辺 岡山駅前商店街の「桃太郎市」が3周年



/////
岡山駅前商店街の「桃太郎市」が3周年 ご当地ヒーローの「お姫様抱っこ」も


岡山駅前商店街で毎月第2日曜に行われる「桃太郎市(いち)」が3月12日、3周年を迎える。



 同イベントは2014年3月に始まり、「地元にある食材を通して、地元の価値を伝える」をコンセプトに台風で中止した1回を除き毎月開催してきた。桃太郎プロジェクト実行委員会代表の本村哲治(てつじ)さんは「瀬戸内海でとれるシャコを知らない親世代がいることに驚いたことがある。岡山には魅力的な魚介類や野菜が豊富にあることを、見て味わってほしい」と話す。

 今回は約20店舗が出店する。「Vin rouge blanc石坪」のフレンチシェフは岡山産のマッシュルーム、ジャガイモ、牛すじを使ったコロッケ(150円)を200個限定で提供するほか、「牛窓海鮮たこやきよすが」のたこ焼き、「オカエキカリーラボ」のスパイシーチキンカリー(以上500円)、「光吉商店」のうな丼(700円)などを販売。ほかにも、「エースキャリー」が的あて・くじ引き・輪投げ、「ロールブルー」がマッサージ・占いなどを行う。

 同イベントでは子どもを対象とした「岡山っ子体験会」も行っている。季節やニーズに合わせて毎回異なる企画を用意し、地元の食材や参加店舗のサービスに触れる機会を設ける。本村さんは「ウナギ、タコのつかみ取りなどの体験イベントを行うと、子どもたちは本気で挑戦してくれる。本物に直接触れる機会を今後も続けたい」と話す。今回は「ビッグサイコロですごろくチャレンジ」を予定する。

 同商店街青年部公認の「ご当地ヒーロー・モモキッド」も登場する。モモキッドは1000人を「お姫様抱っこ」するチャレンジを行っている。現在378人で、同日にも実施。実行委員の土居和正さんは「子どもはもちろん大人も対象。モモキッドに気軽に声を掛けて」と呼び掛ける。

 開催時間は11時〜16時。雨天決行。
/////
参考

イオン 岡山 周辺 岡山駅前商店街の「桃太郎市」が3周年

/////
岡山で7月「北前船フォーラム」 岡山コンベンションセンター


 江戸〜明治期に日本海と瀬戸内海沿岸を結んだ「北前船」をテーマに開かれる「第20回北前船寄港地フォーラムinおかやま」の実行委員会が13日、発足した。岡山、瀬戸内市をメイン会場に7月14、15日にフォーラムやシンポジウムを行い、瀬戸内海を生かした新たな地域間交流の可能性などを探る。 テーマは「古(いにしえ)からの交通の大動脈『瀬戸内海』と国際交流〜そして未来へ〜」。初日は岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)でフォーラム、最終日は瀬戸内市内のホテルでシンポジウムを開く。寄港地があった倉敷、玉野市をコースにしたエクスカーション(視察旅行)も計画しており、具体的な中身は今後、詰める。 この日、岡山市内で実行委の設立総会が開かれ、開催概要案などを承認した。実行委は岡山、瀬戸内、倉敷、玉野の4市と各市の観光や経済団体トップら34人で構成。会長には発起人会代表の越宗孝昌山陽新聞社会長が就いた。越宗会長は「気候や風土、産業が違う土地を結び付けた北前船の功績を見直すことが、地域の魅力を再発見することにつながる」と述べた。 同フォーラムは、寄港地となった都市間の交流などを目的に2007年から全国各地で年1〜3回開かれており、中四国地方では初めて。実行委は、2日間で自治体関係者ら1100人の参加を見込んでいる。

/////
参考

/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR