FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# イオン 岡山 周辺 の残念なニュース イトーヨーカドー岡山跡地再開発が始動 約300億円が無駄か?

イオン 岡山 周辺 の残念なニュース イトーヨーカドー岡山跡地再開発が始動 約300億円が無駄か?
イトヨーカドー岡山 跡地 予定地図 ss

( 当初、「驚くものを作ってみせる!」と、豪語していた「両備グループ(小嶋光信代表)?」だったが、・・・
「収益基盤確立のみ」で、「将来の都市の活力をどう高めていくか。地域に根差した企業として、県都のにぎわい創出に貢献していく視点」がない大変残念な結果となった。なんと、貧困な発想だろう! 企業グループの代表として、好意的に思っていただけに、残念である。地域に根差した企業だけに、悪く言いたくないが「失望」した。 気分の悪いクリスマスイブにならなくてよかった!? 岡山県、岡山市民の「悲痛」が方々で聞かれた。企業経営者としては、合格点であるが、「地域に根差した企業」としては、合格点の半分以下である。水戸岡鋭治さんが監修のデザインには、期待できるが、「地域に根差した企業」のコンセプトは、現状、「失望」しかない。「集客機能 商業施設 再開発」に一部の望みを持ちたい。  代表の引退も近い?だろう。発想力が乏しいトップでは、従業員がかわいそうかな? 老害でしかない?「両備グループによると総事業費はおよそ300億円」が無駄にならないことを祈る。近隣の方の家族によれば、スーパーや子供が行ける場所がいいなどがあったね!TVでも放送されていたね! また、岡山中心地域活性化では、インパクトのある「岡山らしい施設」も多くあったように思います。具体的にあげると、賛否両論はあるが、「桃太郎水族館(京都水族館のような)」「岡山ラーメン館」「室内トラック施設兼スポーツジム(岡山マラソン)」「岡山にないショッピング施設」などの意見もあった。地元の山陽新聞にも記載にもあったが、「インパクトのないもの」しかできないのは、本当に残念ですよね! 「地域に根差した企業」とは、どうゆうものか?の視線があれば、あまりにも残念ではないか? つまり、「わくわくする感じのない施設」、「大都会に腐るほどある施設」をつくって、「岡山らしさ」ってある?ってね。) 



イトーヨーカドー跡地の構想発表


今年2月に閉店した岡山市中心部の商業施設「イトーヨーカドー」の跡地には37階建てのマンションやオフィスが入る9階建て商業棟などが建設されることが、きょう、明らかになりました。
きょう発表された開発プロジェクトによると、岡山市北区のイトーヨーカドー跡地にはオフィスが入る9階建ての商業施設や37階建てのマンションなど、5棟の施設建設が予定されています。
今年2月に閉店したイトーヨーカドーの跡地1万6800平方メートルについては、岡山市の両備グループが出資する会社が購入、投資資産運用会社が管理を行います。
どのような店舗が出店するかなど詳細はきょうの時点では明らかにされませんでした。
ジョイポリスなどイトーヨーカドーに接した既存施設についても再開発を行うことが検討されているということです。
イトーヨーカドーの解体工事は年明けの1月5日から始まり、2021年度までにマンションなど新しい施設が完成する予定になっています。
 今年2月に閉店した岡山市中心部の「イトーヨーカドー岡山店」の跡地に、商業施設やオフィス、マンションを開発する構想が発表されました。

 岡山市北区の「イトーヨーカドー岡山店」の跡地は、敷地面積が約1万7000平方メートルで、岡山市の両備グループが100パーセント出資してつくった「杜の街づくりPJ1合同会社」が開発を行います。

 開発についての会見が開かれ両備グループのほか岡山市出身のデザイナー水戸岡鋭治さんらが出席しました。

 計画ではオフィスや商業施設が入る地上9階建ての棟と、地上37階建てで約300戸のマンション棟などが建つ計画です。両備グループによると総事業費はおよそ300億円です。

(小嶋光信代表)
「岡山の顔になるような部分、そんなものをつくり上げていっていただければ」

 「イトーヨーカドー岡山店」の解体工事を来月から始める予定で、2021年度内の完成を目指します。

/////
itoyo okayama ato 00 ss

ヨーカドー跡 マンションなど整備 両備グループが再開発計画を発表

 両備グループ(岡山市北区錦町)などは25日、イトーヨーカドー岡山店跡(同下石井)の再開発計画を発表した。高層マンションやオフィス、店舗など5棟を整備。2021年度の完成を目指す。総事業費300億円。2月末の閉店以降、跡地の活用方針が示されるのは初めて。

ヨーカドー跡 マンションなど整備 両備グループが再開発計画を発表
イトーヨーカドー岡山店跡(中央右)などがある「ジョイフルタウン岡山」
 事業名は「杜(もり)の街づくりプロジェクト」(仮称)。複合施設「ジョイフルタウン岡山」の敷地約3万8千平方メートルのうち、南東側約1万7千平方メートルを活用する。

 5棟は計延べ約10万5千平方メートル。最大のマンション棟(地上37階地下1階延べ約5万2千平方メートル)は高さ134メートルで岡山県内最高となる見込み。300戸前後を分譲・賃貸する。店舗棟(地上3階地下1階延べ約2千平方メートル)も併設する。

ヨーカドー跡 マンションなど整備 両備グループが再開発計画を発表
イトーヨーカドー岡山店跡、今回の開発エリア
 市役所筋沿いのオフィス・商業棟(地上9階地下1階延べ約2万4千平方メートル)は3~9階がオフィス。北隣の商業・ヘルスケア棟(地上6階地下1階延べ約1万3千平方メートル)は3~5階が健康づくり施設で、同規模の立体駐車場と接続する。両棟の1、2階は商業テナントなどを見込む。

 全体のデザインは岡山市出身の工業デザイナー水戸岡鋭治さんが監修。各棟の間を緑化した街路で結び、階段状のビル屋上には小農園や水路を設ける。商業施設は食品などの物販、レストラン、スポーツジムといったテナントを想定。フロア構成など詳細は今後詰める。

 事業主体はグループ中核の両備ホールディングス(HD、同錦町)が全額出資する特別目的会社(SPC)。同じくHDが単独出資し、ジョイフルタウン岡山の不動産の権利を持つ別のSPCから用地部分の権利を購入し、18年1月から半年程度かけて旧店舗を解体。5棟を新設、運用する。

 同市内で記者会見した両備グループの小嶋光信代表は「岡山のまちづくりにとって非常に大切な場所。歩いて楽しく子どもが喜ぶ、世界に通用する“街”にしたい」と述べた。

 イトーヨーカドー岡山店は1998年、ジョイフルタウン岡山の核テナントとしてオープン。14年12月、約400メートル北に開業したイオンモール岡山との競合などで撤退した。ゲームセンターなどがある同タウンの北側エリアは当面、現状を維持する。

■収益基盤確立を急ぐ

 両備グループなどが25日発表したイトーヨーカドー岡山店跡の再開発計画は、安定した賃料や分譲収入を見込めるマンションやオフィスが中心で、事業の収益基盤確立を急ぐ姿勢が色濃く表れた。既存の都市機能との競合を避けつつ、着実な投資の回収を優先させた現実的な内容と言える。

 事業主体の特別目的会社は両備グループの100%出資だが、総事業費約300億円の多くは金融機関などから調達。融資を引き出すため、採算性を慎重に見極めたとみられる。

 計画策定に当たり、大型ショッピングセンターについては、同店がイオンモール岡山との競合の末に閉店した経緯を踏まえ、構想から除外。JR岡山駅前地区でコンベンション施設やホテルを含む再開発構想が浮上したこともあり、選択肢は狭まっていた。

 計画の中核に据えたオフィスとマンションは、景気回復や都心回帰の動きもあり、岡山市中心部で需給が逼迫(ひっぱく)。地元不動産業者は「オフィスの空室率は低く、賃料相場が上昇中。マンションは中古でも新築同様の価格で取引されている」と話す。

 一方、注目されていた集客機能は、計画に商業・ヘルスケア棟などを盛り込んだものの、全体に占めるスペースは限定的で、インパクトに欠ける印象は否めない。

 今回、再開発するエリアは、ジョイフルタウン岡山の敷地全体の4割強を占めるが、ゲームセンターなどがある北側の敷地は手つかずのまま。当面は現状維持としつつも、関係者が段階的な開発に意欲をみせた北側エリアが今後の焦点となる。

 収益性を確保した上で、将来の都市の活力をどう高めていくか。地域に根差した企業として、県都のにぎわい創出に貢献していく視点が欠かせない。
/////
イトーヨーカドー跡地 商業・生活の拠点へ

今年2月に閉店した岡山市北区下石井のイトーヨーカドーの跡地が生まれ変わります。
岡山県で最も高い地上134mのマンションなど、目指すは、商業や生活の拠点となる複合施設です。
両備グループの小嶋光信代表兼CEOが明らかにしました。

今年2月の閉店以降、岡山市中心部にある広大な用地の活用法が注目されていたイトーヨーカドー岡山店の跡地です。
来月5日に取り壊しが始まり、新しい施設に生まれ変わることになりました。
会見では、今後の方向性などが発表されました。
デザイナーは、豪華寝台列車「ななつ星」などを手掛けた水戸岡鋭治さんです。
敷地面積は約1万7千平方mで、地上134m、37階建てのマンションや、オフィス、店舗などが入る複合施設で、緑を多く使い、人々が憩い生活の拠点となる場所を目指します。
2021年度中には完成する予定です。
先月、1kmほど離れた北区野田屋町の岡ビル一帯でも再開発事業が決定しました。
岡山市街地が大きく変わろうとしています。
/////
スーパー跡地 再開発構想 北区で両備など

イトヨーカドー岡山 跡地 aa ss

 2月末に閉店した「イトーヨーカドー岡山店」跡(岡山市北区下石井)について、両備グループ(同区錦町)などは25日、高層マンションやオフィス、商業施設などを整備する再開発構想を発表した。総工費は約300億円で、2021年度中の完成を目指す。


 「杜もりの街づくりプロジェクト」として、現時点では両備グループが100%出資し、投資顧問会社が実質的に運営する「杜の街づくりPJ1合同会社」が開発主体となる。建物の解体は来年1月から始める。

 開発する敷地面積は1万6798平方メートルで、南側に高さ134メートルのマンション棟(地上37階、地下1階。全298戸の予定)などを建設。東南側にはオフィス・商業棟(地上9階、地下1階)、北側には車庫や駐輪場を備えた商業・ヘルスケア施設棟(地上6階、地下1階)を配置する。計5棟で、延べ床面積は10万5113平方メートルとなる。

 入居テナントなどの構成については、近くの大型商業施設「イオンモール岡山」を意識し、「基本的には少し違ったテイストのものを考えている」(関係者)としている。

 記者会見した同グループの小嶋光信代表は「緑があふれ、岡山の顔になるような場所にしたい」と話し、景観デザインを監修する工業デザイナーの水戸岡鋭治さんは「オンリーワンをたくさん集めてナンバーワンを作っていきたい」と語った。
/////

イトーヨーカドー跡地再開発が始動


岡山市中心部のイトーヨーカドー岡山店の跡地に高層マンションや商業施設などの複合施設が整備されることになりました。このプロジェクトは岡山市の両備グループが出資する合同会社がイトーヨーカドー跡地の約1万6700平方メートルを約300億円かけて開発するものです。今後、東京・六本木ヒルズなどの都市開発を成功させた不動産大手森ビルの子会社が開発計画に助言するほか岡山市出身のデザイナー水戸岡鋭治さんも景観デザインを監修します。地上37階建てのマンションの高さは岡山市内で最も高い134メートル、298戸が入る予定です。オフィスが入る建物も隣接していて昼と夜もにぎわう場所を目指しています。イトーヨーカドー岡山店跡の取り壊しは来月5日から始まり、プロジェクトは2021年度中に完成する予定です。
//////
こちらの方が、まだ期待できるかも
「岡ビル」再開発で複合施設へ 岡山市民の台所

こちらの方が、まだ期待できるかも
JR系ホテル岡山駅前に進出検討 (岡山駅前がかわる?)


こちらの方が、まだ期待できるかも

岡山駅前再開発 事業者にJV決定 JR西不動産開発など3社

/////
2017年03月01日(2017年 2月28日)
イトーヨーカドー 最後の1日





( この 思い を 感じる力が市民の気持ち を 「地域に根差した企業」が感じられないのは、残念である。)
/////
参考

総合スーパー業態苦戦  (イトーヨーカドー岡山店閉店 跡地になにが・・・)

岡山から イトーヨーカドー岡山 がなくなる日 (ヨーカド跡地には、何が?)2017年2月28日閉店


イトーヨーカドー岡山店の跡地 商業施設やマンション開発へ (ヨーカドー跡 「失策!?」 年末に、岡山の「最大」の残念なニュース)

イオンモール 岡山 周辺 ヨーカドー岡山跡地 再開発構想 北区で両備など 約300億円が無駄に?

岡山 イトーヨーカドー跡地 商業・生活の拠点へ(ヨーカドー跡 「失策!?」 年末に、岡山の「最大」の残念なニュース)
/////

岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」




/////

イオンモール 岡山 開業3年 4年目へ(1年目 来店客は約1800万人➡︎2年 やっと最低ライン 2000万人➡︎3年 約2100万人)「黒船」の余波続く (来客数増加 ➡︎ 営業利益? 経営戦略?)

イオン 岡山 4年目へ(1年目 来店客は約1800万人➡︎2年・3年 やっと最低ライン 約2100万人)「黒船」の余波続く (来客数増加 ➡︎ 営業利益? 経営戦略?)



激震?! イオンモール岡山 4年目へ(1年目 来店客は約1800万人➡︎2年 やっと最低ライン 2000万人➡︎3年 約2100万人)「黒船」の余波続く (営業利益? 営業分析? 経営戦略?)


イオンモール岡山 4年目へ(1年目 来店客は約1800万人➡︎2年 やっと最低ライン 2000万人➡︎3年 約2100万人)「黒船」の余波続く


イオン 岡山 開業3年(1年目来店客は約1800万人➡︎やっと最低ライン約2100万人)営業利益?


/////

イオン 岡山 ファミリーで「命」を守れ! 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について(平成29年9月25日更新) 万が一に備える! イオンモール岡山 (帰宅困難者一時滞在施設)  岡山市との協定による避難場所編

/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR