FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山市 県庁通りで第2回社会実験 (中心市街地の回遊性向上をめざして) 10月10、11日

岡山市 県庁通りで第2回社会実験 (中心市街地の回遊性向上をめざして) 10月10、11日

秋の散歩に  岡山市 県庁通りで 社会実験 参加したいね!

岡山市 県庁通りで第2回社会実験



社会実験 と 回遊性 イベント 連携

岡山市は31日、中心市街地の回遊性向上を狙いに、県庁通りと西川緑道公園筋に歩行者優先空間をつくる2回目の交通社会実験(10月10、11日予定)の計画案を明らかにした。5月の初回では見送った県庁通りの車線規制を実施し、歩行者が通行できる空間を設ける考え。
 車線規制するのは、市役所筋との交差点から県農業会館(同市北区磨屋町)前まで約500メートル。2車線のうち北側1車線の自動車通行を止め、歩行者に開放する。歩道には20台のベンチを置いて休憩の場とするほか、沿道の駐車場などに音楽イベント会場や飲食ブースを設ける。
 県庁通りの実験全体は、車線規制の範囲よりも広いイオンモール岡山(同下石井) 表町商店街の約900メートルで、10、11日の午前11時から午後4時まで。沿道の5カ所を巡るスタンプラリーを実施して回遊を促す。
 西川筋の実験は11日のみ。正午から午後4時まで、前回に続いて桃太郎大通り南側の桶屋橋と県庁通りの間の270メートル区間を歩行者天国とし、オープンカフェをつくる。
 市は周辺の交通量を計測して影響を調べるほか、来場者や周辺事業者らにアンケートして成果を検証する。
 現在、県警と最終調整中。市庭園都市推進課は「今回新たに車線規制を導入して実験の規模を拡大することで、駅周辺から表町にかけての人の流れを活発にしたい」としている。
 社会実験は当初、2014年度に予定していたが、県警が交通渋滞の恐れなどから同意せず、市は同年度中の実施を見送った。5月に車線規制しない形で1回目を実施した。

/////
参考

第1回  岡山市が歩行者天国 社会実験

岡山 岡山市中心部の社会実験アンケートまとまる 約9割が評価(第1回)
/////
岡山市が来月10、11日に社会実験

 ◇県庁通りを車線規制、買い物客誘導し中心部活性化

 岡山市が10月10、11両日、県庁通りの一部区間で1車線を規制し、歩行者に開放する社会実験を行う。イオンモール岡山の買い物客を周辺に誘導することで、市中心部の活性化につなげる狙いだ。1年越しで実現し、市は「車優先から、人を優先する街づくりに変え、にぎわいを生み出したい」としている。

 実験は、県庁通りの約900メートル(市役所筋―表町商店街)で両日の午前11時~午後4時に実施。東向き一方通行2車線のうち、一部区間で北側車線の通行を規制し、ベンチを置いて歩行者が散策を楽しめるようにする。

 また、今年5月の大型連休に行った社会実験と同様に、西川緑道公園筋も西側の約270メートル(県庁通り―桶屋橋)を11日正午~午後4時、歩行者天国にする。オープンカフェを設けるほか、飲食を楽しめるブースを充実させる。

 市は、昨年12月のイオンモール岡山の開業を控え、県庁通りの通行を規制し、オープンカフェを設ける社会実験を計画。県警から「交通への影響を正しく評価できない」「周辺で懸念される渋滞対策に専念すべきだ」などと指摘され、断念していた。

 今年5月の社会実験も、初の大型連休で交通状況を予測できず、県庁通りは規制しなかった。しかし、市が交通量を調べると、イオンモールの開業前と比べ、休日で約1・2倍、平日はやや少なかった。県警も「渋滞による大きな混乱は起きていない」と判断し、社会実験が実現することになった。

 前回の実験では、緑道公園筋周辺の人出が5000人を超えた。表町商店街に向かう交差点の歩行者も、イオンモール開業前の1・9~2・8倍に上り、市は「にぎわいを生む一定の効果はあった」と分析。今回も来場者や沿道の店舗、交通事業者らにアンケートを行う。11日には交通量を調べ、周辺道路への影響や歩行者の変化を検証する。

 市庭園都市推進課の亀井良幸課長は「快適に市街地を歩く魅力を感じてもらいたい。新しい店を見つけるなどし、実験後もまち歩きを楽しんでほしい」と呼びかける。

////
岡山市が来月10、11日に社会実験
////

スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR