FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山の歴史のあの頃(2)? 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

岡山の歴史のあの頃(2)? 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

地球規模の歴史から、戦国日本の新たな姿を描くシリーズ。2集は、徳川家康の天下取りの時代。世界の覇権をめぐり、日本の銀を狙うオランダとスペインの激しい攻防に迫る。

地球規模の歴史から、新たな日本の戦国時代を描くシリーズ。第2集は徳川家康の天下取りの時代。新発見の文書に記されていたのは、オランダ商人と家康の深い繋がり。オランダは、当時最重要の国際通貨だった「銀」を求めていた。世界の産出量の3分の1を占めた日本銀をめぐり、オランダと超大国スペインの間に激しい攻防が始まる。覇権をかけた両国の争いの最前線となった戦国日本、その実像に迫る。ナビゲーターは西島秀俊さん。

【司会】西島秀俊,【出演】金田明夫,【語り】礒野佑子

/////

徳川と豊臣の対立はヨーロッパの代理戦争だった?

 日本の戦国時代は今まではあくまで日本国内の視点のみで語られることが多かったが、それを世界との関わり合いから見ていこうという大胆な企画の第2回目。視点を変えることで今までとは違う戦国時代の姿が見えてくるということである。

 前回は秀吉が亡くなって宣教師たちが目論んだ中国侵攻が頓挫するところで終わったが、今回は秀吉死後の徳川と豊臣の争いの影で暗躍するオランダとスペインの思惑についてである。




スペインと対立する過程で日本にたどり着いたオランダ

 1600年4月19日、嵐で難破したオランダの貿易船が日本に漂着する。この船には最新式の鉄砲や弾薬が大量に積まれていた。この船に目をつけたのが徳川家康である。家康は自らオランダ人達を尋問している。豊臣家に対抗する軍事力強化を目指していた家康にとって、武器の通商にやって来た彼らはまさに格好の取引相手であった。そこで家康は船員達を家臣として召し抱える。その一人が有名なウィリアム・アダムス(三浦按針)である。そしてオランダ船が積載していた武器は家康のものとなり、これらは関ヶ原の合戦で活躍する。


ウィリアム・アダムス 出典:臼杵市HP
https://www.city.usuki.oita.jp/docs/2014020600544/
 スペインの支配下から独立したオランダは、覇権を巡ってスペインと争っていたが、海外の植民地からの莫大な富を得ていたスペインは強大で、オランダは劣勢に立っていた。この時にオランダは貿易による富国強兵策を打ち出し、その富によってスペインを打ち倒すという戦略を立てていた。オランダはそのために東インド会社を設立する。この会社は独自に条約を結んだり兵士を雇ったり、貨幣を発行する権利など国家に匹敵する力を有していた。これはオランダがスペインとの経済戦争で勝利するためだった。この東インド会社が日本に正式の使節を送り込む。オランダがスペインなどと根本的に異なっていたのは、スペインなどは交易だけでなくキリスト教の布教が大きな目的であったのに対し、オランダはあくまで貿易のみを目的としていたことである。




世界の覇権を握るのに不可欠の日本の銀

 またスペインはアメリカ大陸の銀山を押さえ、世界の銀産出量の8割を有していた。この銀の力でスペインは覇権を握っていたのである。スペインによる銀の独占を切り崩したいと考えていたオランダが目をつけたのが日本の銀山だった。そのためにオランダが日本に送り込んだのがジャック・スペックだった。彼は密かに佐渡の銀山を調査していたという。佐渡の銀山の開発を進めていたのが家康である。家康は5万を投入して24時間体制で銀を掘らせていた。佐渡の銀山の推定埋蔵量は2300トンで世界トップクラスの銀山だったという。家康が鉱山開発を進めたことで、日本の銀の産出量は世界全体の1/3を占めるまでになっていた。

 しかし佐渡の高品質の銀は国外への持ち出しを禁じられていた。そこでスペックは家康と交渉に臨む。毛織物やガラス細工品などを持参して家康に献上しようとしたスペックに対して、家康が望んだものは兵器だった。

 このオランダの動きに焦ったスペインも慌てて家康の元に使者を送り込む。スペインは鉱山技師を派遣して銀の生産量を上げることを提案する。しかし新たな採掘した銀の半分をスペインのものにすることとオランダ人の国外追放、さらにキリスト教の教会を建てて宣教師を置くことを条件としていた。スペインにとっては貿易とキリスト教布教は不可分だったのである。これはキリシタンを増やすことで日本を乗っ取ることを狙う意図も秘めていた。これに対してオランダは、スペインはキリシタンの反乱で日本を乗っ取るつもりであり、この方法でフィリピンもメキシコを植民地にしたと家康に告げる。家康はこの言葉でスペインに対する不信感を募らせ、スペインとの交渉を打ち切ると共に、キリスト教の全面的な禁止に踏み切る。布教の道を断たれたスペインは今度は豊臣秀頼に接近する。徳川と豊臣の戦いはスペインとオランダの代理戦争の側面も帯びたのである。




オランダ・スペインの代理戦争としての大坂の陣

 そして大坂の陣が勃発する。宣教師たちはキリスト教の布教を認めた秀頼に肩入れし、豊臣に付くようにキリシタンの武将たちに働きかける。全国からキリシタンが結集し、豊臣勢は総勢10万にまで膨れあがる。さらにキリシタン勢力は大阪城に鉛を運び込み、大阪で鉄砲の弾の生産を行うなど、武器の供給にも協力していた。

 いよいよ決戦が始まる。しかし堅固な大阪城は接近することさえ困難であった。ここで家康が目論んだのは大砲による大阪城攻略であった。ただしこれを行うには徳川軍の陣地から最短でも500メートルの距離を砲弾を飛ばす必要があった。これに応えたのがオランダ。彼らは当時の最先端の銅製のカノン砲を持ち込む。この大砲は音速に達する速度で砲弾を撃ち出し、500メートル以上先にある厚さ10センチの木の板を軽々と打ち抜く破壊力を有していた。家康はこの大砲で大阪城を攻撃、砲弾は天守と御殿を直撃し、豊臣勢は戦意喪失、豊臣家は滅亡する(この番組ではあっさりと決着をつけているが、実際には淀君がその破壊力にひるんで講和に動き、その後に家康はだまし討ちで大阪城の内堀まで埋めて裸城にした上で再び豊臣家に戦いを挑んで滅ぼしてしまうのであるが)。

 この家康の勝利はオランダにとっても転機となる。これでオランダが欲しかった銀を入手することが出来るようになったのである。取引は年々増え、最盛期には年間94トンもの銀が日本から持ち出され、オランダがスペインに対抗するために有力な武器となった。




オランダの覇権確立に活躍した日本の侍

 勢いのついたオランダはさらにスペインに攻勢に出る。オランダは東南アジアのスペインの植民地の攻略にかかる。実はここでまた日本が驚いた関わり方をしている。

 戦乱の中で性能を高めた日本の武器が輸出され、さらに国内で戦がなくなって職にあぶれた侍が傭兵としてオランダの戦いに参加したのである。戦に慣れていて勇敢な侍達は傭兵として大活躍し、これによってオランダはスペインとの戦闘に次々と勝利していった。その結果、世界の海を行く船の3/4にオランダの旗が翻ることになる。

 さらにオランダアムステルダムにある大砲が日本の高品質の銅を用いて作られていたことが判明したという。オランダはこの大砲でスペインとの三十年戦争に勝利し、スペインの没落は決定的となる。ここでヨーロッパの覇権が定まり、宗教の時代から経済の時代への変化が起こったのだという。




 戦国日本の背後でヨーロッパ列強がウロチョロしていた認識はあったが、ここまでまとめられると圧巻である。オランダ、スペインと、家康、秀頼らの虚々実々の駆け引きが生々しい。この内容から行くと、豊臣家が勝利していたらスペインが日本と手を組むことになるだろうから、日本はキリスト教に支配されて、その内にスペインの植民地にされていた可能性が高いということになる。これはまた新しい戦国の見方である。それにしても前々から感じていたが、やっぱりキリスト教って邪悪だな・・・。

 それにしてもオランダ人はまさに元祖エコノミックアニマルである。交易によって経済力をつけ、それによって軍事力をもつけるというのは、当時としてはかなり斬新な考え方だっただろうと思われる。もっともそのオランダも、この後にさらなる新興国であるイギリスに押されることになるのだから諸行無常ではある。

 この流れから行けばいずれは日本も国際貿易圏の中に取り込まれるという展開の方が自然な気がするのだが、ここからまた鎖国体制に動くわけであるからなかなかに歴史は難しい。家康はヨーロッパとの交易の有効性は十二分に了解している上で、ヨーロッパが日本に介入してくることによって国内が不安定になる危険というのを懸念していたのだろう。国内が幕藩体制で固まっていけば行くほど、武器などの調達は不必要となるし、そうなれば海外との大規模な交易は特に必要がなくなったということか。

 それにしても日本の銀の思いの他の影響力の大きさと、日本人が傭兵として海外進出までしていたということは認識があまりなかった。なるほどそれで山田長政の伝説なんかがあるのかと今になって納得した次第。実際にこの時代には、思いの外大勢の日本人が東南アジアなどに渡って日本人町などを作っていたという。もし日本が鎖国体制に入らなかったら、そのまま日本人は東南アジアに増加して華僑と経済の覇権を争うことになっただろうと思われる。そうなっていたらその後の世界史もまた大分変わったろう。




忙しい方のための今回の要点

・スペインから独立した新興国オランダは、植民地からの富によって圧倒的な力を持つスペインに対抗するため、経済力を強化することを狙って東インド会社を設立、アジアへ交易へと乗り出す。
・当時のスペインは世界の銀の8割を押さえており、オランダがスペインに対抗するためには銀の確保が必須だった。オランダはそのために日本の銀山に目をつける。
・当時の日本は佐渡銀山を初めとして家康が各地で鉱山開発を進めており、その産出量は世界の1/3を占めるまでとなっていた。
・日本の銀を欲するオランダは家康に武器を売ることを持ちかける。
・一方のスペインは家康に鉱山技師を派遣することを提案するが、キリスト教の布教が絶対条件となっていたため、キリシタンによる反乱を警戒する家康はスペインの申し出を拒絶する。
・家康に拒絶されたスペインは豊臣秀頼に接近し、キリシタン達にも秀頼を支援するように手配する。
・大坂の陣では家康は堅城大阪城に苦戦。オランダに大阪城を直接攻撃できる大砲の調達を依頼する。オランダはこの要求に対して最新鋭の銅製のカノン砲を持参、家康はこの大砲で大阪城の天守や御殿を砲撃し、これによって戦いに勝利を収める。
・日本の銀を獲得できたオランダはスペインに対抗する力を手に入れ、次にはスペインのアジアでの拠点の奪取を試みる。この際に日本で発達した武器と共に、戦がなくなって失業した侍達が傭兵として送られる。オランダはこの侍達の活躍によってスペインの拠点を次々と攻略、世界の覇権を確立する。


忙しくない方のためのどうでも良い点

・ヨーロッパ側から日本の戦国時代を見るというこのシリーズ、なかなか新しい観点で非常に面白かったです。どうしても普通に勉強していたら日本史と世界史というのがなかなか接続しないものなのですが、こうしてみると日本史と世界史がシームレスでつながってきて非常に興味深い。
・要するにこの時代ぐらいから、地球全体が相互に影響し合うグローバルな時代になってきたということなわけだ。こういうグローバルな世界というのは、日本人にとっては大体明治以降というイメージがあったが、実はそれ以前にもダイナミックにあったということになる。
・それにしてもやっぱり日本って、ヨーロッパの植民地にされかねない紙一重の際どいところをウロウロしてたんですね。


//
『NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパン・シルバーを獲得せよ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)


オランダ
スペイン
日本
家康
世界
戦国日本
大砲
ヨーロッパ
サムライ
スペックス
商品
豊臣家
オランダ東インド会社
宣教師
商人
植民地
戦国時代
大坂
徳川家康
武器


///

(発射音)

今から400年前に造られた

ヨーロッパ製の大砲の発射実験です。

この大砲は
戦国時代の日本に持ち込まれ

史上最大の合戦を左右しました。

押し出せ~!

これまで 日本国内の出来事として
描かれてきた 戦国時代。

ところが 今 世界各地で

新発見が相次いでいます。

そこから
日本とヨーロッパの覇権争いが

深く結び付いていたことが

分かってきたのです。

徳川家康のもとに 最新式の大砲を

ひそかに提供していました。

スペインを後ろ盾とする宣教師たちは

豊臣秀頼を支援します。

家康を討ち取るんじゃ~!

(一同)そうじゃ! そうじゃ!

戦国日本で暗躍する スペインとオランダ。

その狙いは…。

日本の銀 ジャパン・シルバー。

当時 日本は
世界の銀の3分の1を生み出す

銀山王国でした。

覇権争いのカギとなる銀を求めて
激しい攻防が繰り広げられます。

更に オランダとスペインは
アジアの植民地を巡って激突。

この時 最前線で戦っていたのは

なんと日本のサムライでした。

戦国日本は 世界の歴史を動かす

大きな力となっていたのです。

日本と世界が つながって生まれた

地球規模の大変革。

新たな視点から浮かび上がる
激動のドラマです。

♬~

「シリーズ 戦国」。
新たな資料を駆使して

戦国時代の日本と世界の関わりを
壮大なスケールで読み解きます。

第1集で描いたのは 信長 秀吉と

スペイン王を後ろ盾とする宣教師との

熾烈な駆け引きでした。

長く続いた戦乱の中

日本は 世界屈指の
軍事大国となっていました。

宣教師は この日本の軍事力を利用した
アジア征服を計画。

その結果 世界を巻き込んだ
大戦争の危機に 直面したのです。

第2集の今夜
新たなプレーヤーが加わります。

ヨーロッパの新興国 オランダ。

もともとは 商人たちがつくった
小さな国でした。

しかし 瞬く間に 世界の覇権を握ります。

一体 なぜなのか?

そこには
戦国日本で繰り広げられていた

徳川家と豊臣家の戦いが
深く関わっていました。

日本から遠く離れたオランダ。

ここで 戦国日本に
新たな光を当てる史料が見つかりました。

日本に滞在したオランダ商人が
書き残した 日誌や手紙。

500件に及ぶ 膨大な記録です。

そこには 戦国武将の懐に入り

利益を上げようと奔走する

商人たちの姿が記されていました。

オランダと戦国日本の運命の出会い。

それは 偶然から始まりました。

嵐に襲われ難破した貿易船が

命からがら日本にたどりついたのです。

おい! 大事ないか!

おい! おい しっかりせい!

おい これは何だ!

船には 最新式の鉄砲や弾薬が
大量に積まれていました。

このオランダ船に
目をつけた人物がいます。

徳川家康です。

家康は 自ら
生き残った船員たちを尋問しました。

この時の詳細なやり取りが
記録に残されています。

豊臣家に対抗するため
軍事力を強化していた家康。

オランダの提案は
まさに 渡りに船でした。

ハッハハハハハ! 面白い。

その方ら このわしに仕えんか。

家康は 船員たちを家臣として
召し抱えることを決めます。

(2人)ははっ!

船に積まれていた 大量の武器・弾薬は
家康の手に収まることになりました。

オランダが日本に来た背景には

ヨーロッパ情勢の
劇的な変化がありました。

大国 スペインの支配下にあった
オランダ。

圧政を逃れるべく 独立を宣言。

激しい戦争を始めます。

しかし スペインの力は強大でした。

世界中の植民地から
ばく大な富を吸い上げ

無敵艦隊をはじめとする
世界有数の軍事力を擁していました。

独立間もないオランダは
劣勢に立たされます。

この時 オランダが打ち出したのが
貿易による富国強兵策。

海外で商品を売って資金を稼ぎ

スペインに対抗できる軍事力を
持とうとしたのです。

オランダと日本の出会いは
歴史を大きく動かしていきます。

オランダ船 漂着の半年後に起きた
関ヶ原の戦い。

徳川家康と 石田三成ら
豊臣家の武将たちが激突します。

徳川の武勇を天下に知らしめよ!

押し出せ~!
(一同)お~!

家康を討ち取れ~!

(一同)お~!

総勢20万ともいわれる大軍が戦った
天下分け目の決戦。

当時の宣教師の記録に
その様子が記されています。

オランダの武器を手にした徳川軍。

その火力は 圧倒的でした。

勝ちどきじゃ~!

えいえい…。
(一同)お~!

天下取りに大きく近づいた 徳川家康。

しかし 最大の障壁が残っていました。

父 秀吉からばく大な遺産を受け継いだ
豊臣秀頼です。

秀頼のもとには

豊臣家に忠誠を誓う武将たちが
結集していました。

激しさを増す 徳川家と豊臣家の争い。

同じ頃 ヨーロッパでも

オランダとスペインの戦いが
新たな局面を迎えていました。

世界初の株式会社
オランダ東インド会社の誕生です。

その最重要資料の撮影が
特別に許可されました。

グローバル経済の先駆者となる
オランダ東インド会社。

本来 国が持つ さまざまな特権が
一つの会社に託されていました。

外国の領主と独自に条約を結ぶ権利。

兵士を雇い 要塞を築く権利。

更に 貨幣を造る権利まで。

最前線に立つ商人に
強力な権限を与えることで

迅速な海外進出を目指し

宿敵 スペインに
打ち勝とうとしたのです。

この 世界初の株式会社は
戦国日本に正式な使節を送り込みます。

そこには 秘められた狙いがありました。

戦国日本と世界の歴史を
大きく変えていくことになる

オランダ東インド会社。

現代の株式会社のルーツといわれる
画期的な組織でした。

この時代 ヨーロッパに
君臨していたのは 各国の国王。

そして キリスト教の指導者である
ローマ教皇です。

彼らが求めたのは
領土を広げ 信者を増やすことでした。

ところが 商人たちがつくった国
オランダの目的は 全く違います。

領土や布教ではなく
純粋に利益を追求しました。

オランダは 東インド会社を通じて
国中から資金を募り

世界各地へ貿易船を送り出します。

このオランダが 注目したのが
戦国日本です。

そこには 世界の覇権を握るためのカギが
眠っていたからです。

大航海時代
世界最大の帝国を築いたスペイン。

その力の源が 大西洋で発見されました。

水深1, 100mに沈んだ 貿易船の調査。

ばく大な数の財宝が
引き上げられました。

59万枚 17トンに及ぶ銀貨。

この銀こそが
世界の覇権を握る原動力でした。

当時スペインは 新大陸の植民地で
巨大な銀山を開発。

世界の生産量の8割を占めます。

銀の力によって 世界経済で優位を築き

強大な軍事力を支えていました。

一方 新興の商業国家 オランダ。

スペインに対抗するため
銀の独自の入手先が必要でした。

16世紀にヨーロッパで出版された
「日本地図」。

そこには 銀山王国と記されています。

戦国時代の日本は
銀の産出国として知られていたのです。

日本の銀を手に入れるため
オランダ東インド会社は

有能なビジネスマンを送り込みます。

ジャック・スペックス。

今回見つかった史料から
スペックスが日本の銀について

内密に調査を進めていたことが
分かりました。

新潟県佐渡島。

実は 戦国時代
ここに 日本最大級の銀山がありました。

山を真っ二つに割った
巨大な露天掘りの跡。

当時 佐渡では 激しいシルバーラッシュが
巻き起こっていました。

この銀山の開発を進めたのが
徳川家康です。

家康は 豊臣家に対抗する資金源として
銀を重視。

関ヶ原の戦いのあと
いち早く佐渡を押さえていました。

佐渡には 一体どれほどの銀があったのか。

今 調査が進んでいます。

戦国時代末期
家康が開発を進めた坑道です。

荒々しいノミの跡。

一日に掘れるのは
10cmがやっとだったといいます。

家康は5万人の労働者を送り込み

昼夜交代で休みなく 採掘を進めました。

探査ロボットを使って
銀の採掘量を調べます。

いいよ。 右に… 右に寄っていかんと。

もうちょっと まだ まだ まだ。

ちょっと左側に振って…。
左旋回します。 はい ストップ!

お~ やった~。

これでどうか分かるか…。

調査データを基に
CGで再現した坑道です。

奥行きは 25m。

鉱脈を追って くまなく
掘り尽くした様子が分かります。

この坑道一つから
670kgの銀がとれたと推定されました。

アリの巣のように広がる 無数の坑道。

佐渡全体での埋蔵量は
2, 300トンを超え

世界トップレベルの銀山でした。

家康は 佐渡をはじめ

全国各地で次々と鉱山開発を進めました。

日本の銀の生産量は急速に拡大し
年間100トンを超えます。

世界の生産量の
およそ3分の1を占めました。

日本の銀を狙う オランダのスペックス。

調査の結果 佐渡の銀は

スペインの銀以上に
純度が高いことが判明します。

しかし 当時 良質な銀を
国外に持ち出すことは

禁じられていました。

スペックスは
家康との交渉に乗り出します。

私たちの商品と引き換えに
日本の銀を頂きたいのです。

スペックスは 家康が好む商品を
入念に調査。

献上品として用意していました。

しかし…。

オランダは 戦が得意でもあったの。

兵器こそ持ってこい。

家康がより強く求めたのは
兵器でした。

スペックスは すぐさま準備に
取りかかります。

オランダ東インド会社の
貿易ネットワークを駆使し

兵器をかき集めようとしました。

オランダの動きに焦ったのが
スペインです。

負けじと 家康のもとに
使者を送り込みます。

ロドリゴ・デ・ビベロ。

ビベロは 家康との交渉に
有効なカードを持っていました。

鉱山技師です。

最先端の技術を持つ
スペインの技師がいれば

日本の銀の生産量を
更に伸ばすことが可能でした。

ところが…。

鉱山技師を派遣するには
条件がございます。

中でも 最重要の条件がありました。

貿易とともに
強く布教を求めたスペイン。

そこには 隠された狙いがありました。

ビベロが
ひそかに国王に送っていた文書です。

スペインの野心を察知したオランダは
家康に訴えます。

「スペインは キリスト教を広め

キリシタンの反乱によって国を崩し
征服しようとしています。

フィリピンもメキシコも
この方法で支配下に置き

植民地にしてきたのです」。

この言葉で
スペインへの不信感を募らせた家康。

交渉を打ち切ります。

更に キリスト教の全面的な禁止に
踏み切りました。

何をしておる! この者どもを捕らえよ!

各地で 厳しい弾圧の嵐が吹き荒れました。

布教の道を絶たれたスペインは
新たな策を講じます。

宣教師たちが目をつけたのは
大坂の豊臣家。

家康と敵対する豊臣秀頼に
接近したのです。

それぞれの思惑が絡み合う中

戦国最後の合戦が
始まろうとしていました。

日本の銀を巡って しのぎを削った
オランダとスペイン。

なぜ そこまで 銀を求めたのでしょうか?

その理由は 経済の仕組みの劇的な変化。

現代まで続く グローバル経済の誕生です。

大航海時代 アメリカ大陸で
大規模な銀山が見つかると

銀貨が大量に造られます。

これこそ 世界中で使われる
初の国際通貨でした。

銀貨によって ヨーロッパの商人たちは
東南アジアの香辛料や

中国の陶磁器など 世界各地の商品を
購入できるようになります。

ヨーロッパ アジア アメリカが
銀によって結ばれ 国際貿易が活性化。

地球規模の
全く新しい経済が誕生していたのです。

銀を巡って争った オランダとスペイン。

その行く末を決める舞台となったのが
大坂の陣でした。

戦国最大にして最後の合戦
大坂の陣。

天下取りに王手をかけた徳川家康。

その最後の障壁となった豊臣秀頼。

日本の頂点を決める この戦いは

オランダ スペインの覇権争いとも
深くつながっていました。

スペインを後ろ盾とする
宣教師たち。

勢力挽回のため 豊臣家に肩入れします。

宣教師たちは 豊臣方につくよう
キリシタンの武将に働きかけます。

家康を討ち取るんじゃ!
そうじゃ! そうじゃ!

全国から 信仰心あついキリシタンが結集。

豊臣軍は 総勢10万の大軍に
膨れ上がっていました。

更に…。

キリシタン勢力は
武器の調達においても活躍しました。

決戦の舞台となった
大坂城。

今 大規模な発掘調査が
続いています。

地下から現れた 豊臣軍の軍事基地の跡。

そこから 作りかけの鉄砲玉が
発見されました。

大坂城下では 戦のさなか

銃弾の製造が行われていました。

それを可能にしたのが

スペインとつながる
キリシタンの商人です。

キリシタン商人は
弾の原料となる鉛をかき集め

大坂城に運び込んでいたのです。

決戦の火蓋が切られました。

大軍で 四方から攻め寄せる徳川軍。

しかし…。

放て~!

豊臣軍から 一斉射撃を浴びせられ
大坂城に近づくことも困難でした。

お味方 壊滅!

ええい くそっ!

追い詰められた家康。

起死回生の策を打ち出します。

大砲による
大坂城への直接攻撃です。

しかし 徳川軍の陣地からは
最短でも 500m。

従来の大砲の有効射程を超えていました。

この時 家康が頼みの綱としたのが
オランダでした。

大砲は 用意できるか?

はい もちろんです。

家康の待ち望んだ
オランダの大砲。

それは どのようなものだったのか?

当時 最新式のカノン砲。

2頭の獅子のマークは

オランダの大砲工場でつくられた
証しです。

オランダ東インド会社は

海外の戦場で売れる商品として
大砲に着目。

多額の開発資金を投入し

イノベーションを加速させていました。

オランダの大砲の威力を検証するため

実弾の発射実験が行われました。

ターゲットは 大坂城の天守を想定。

厚さ10cmの堅ろうな木材で
作られました。

発射の瞬間を捉えた
ハイスピードカメラの映像です。

砲弾の速度は 秒速340m。

音速に達していました。

ターゲットの中心に 正確に命中。

分厚い木材を難なく破壊しました。

有効射程は 500m以上。

世界各国で開発された
大砲の中でも

群を抜く性能でした。

オランダの大砲は 大坂の陣のさなか
家康のもとに届けられます。

待ちわびたわ。

(悲鳴)

砲弾は 天守と御殿を直撃。
多数の死傷者を出します。

総大将 秀頼は 戦意を喪失。

豊臣家は 滅亡します。

150年にわたる戦国の世に
終止符が打たれたのです。

大坂の陣は オランダとスペインの
覇権争いにおいても転機となりました。

オランダ東インド会社が

待望の銀を手にする
決定打となったのです。

家康の信頼を勝ち得たオランダ。

年々 取引高を伸ばし

最盛期には 年間94トンもの銀が
日本から運び出されます。

小さな商業国だったオランダが

ついに 大国 スペインに対抗しうる力を
手にしたのです。

家康にとって
天下取りの総仕上げとなった 大坂の陣。

念願の銀を手にしたオランダにとっても
大きな飛躍の場となりました。

戦国最後の合戦の裏には
知られざるドラマがあったのです。

勢いづいたオランダは

スペインとの
更なる戦いに乗り出します。

植民地争奪戦です。

舞台となったのは 東南アジア。

香辛料の特産地 モルッカ諸島や

海上交通の要 マラッカなど

重要な貿易拠点の多くは
スペインが支配していました。

オランダは このスペインの植民地を
奪い取る計画を立てます。

カギとなったのは

戦国日本から輸出された
驚くべき商品でした。

ここに 日本を出発したオランダ船の
積み荷リストが残されていました。

火縄銃や槍 日本刀。

戦乱の中で性能を高めた日本製の武器は
格好の商品でした。

更に 武器と共に
数多く記されていたのが

日本人の名前です。

一人一人に
細かく 給料が
定められています。

彼らの正体は 金で雇われ
海外の戦場で戦う傭兵。

日本のサムライたちが

いわば 商品として
輸出されていたのです。

背景にあったのは 日本の戦国時代が
幕を閉じたことでした。

天下太平の江戸時代が訪れると

それまで 戦をなりわいとした
多くのサムライが失業。

新たな戦いの場を求めていたのです。

サムライを植民地争奪戦に用いたのが
オランダです。

スペックスのもとに

東南アジアの植民地総督から
救援要請が届きます。

スペックスは 日本のサムライを
一挙に数百人規模で雇い上げようと画策。

その実現のため
家康との直接交渉に乗り出しました。

オランダから武器を入手し
利益を得ていた家康。

スペックスの申し出を特別に許可します。

日本人傭兵を手にしたオランダ。

スペインが支配するモルッカ諸島に
狙いを定めます。

モルッカ諸島は
スペインの最重要拠点の一つ。

特産品の香辛料は 一粒が
同じ重さの銀に匹敵するといわれ

ばく大な利益を生み出す商品でした。

スペインは モルッカ諸島の各所に
堅固な要塞を築き 防備を固めます。

オランダは 長年 その攻略を試みるも
果たせずにいました。

この時 突破口を切り開くために
送り込まれたのが

日本人傭兵だったのです。

オランダが立てた モルッカ攻略作戦。

その記録が残されていました。

まず 軍艦が夜の闇に紛れて
要塞に接近。

絶え間なく砲撃を加えます。

スペイン軍が
くぎづけになっている隙に

歩兵隊が ひそかに上陸。

夜が明けるとともに
敵の死角から 一気に攻め入りました。

先陣を切ったのは サムライたち。

槍や日本刀による接近戦で
敵を切り崩しました。

サムライたちの決死の攻撃で
要塞は陥落。

オランダは 勝利を手にしました。

「スペインをアジアから駆逐するには

日本人傭兵が大きな助けとなる」。

(いななき)

長きにわたる戦乱の世が生んだ
最強の兵士 サムライ。

その力を得たオランダは

スペインの植民地を次々と奪取。

貿易ネットワークを
大きく塗り替えました。

この後
世界の海を行くヨーロッパの船の

実に 4分の3に
オランダの旗が翻ることになります。

オランダは 戦国日本と結び付くことで
世界の覇権を手にしたのです。

戦国 それは

日本と世界が初めて本格的に出会った
激動の時代。

戦国武将たちの
天下を巡る戦いの背後には

ヨーロッパの大国の
秘められた思惑がありました。

一方 戦国日本が生み出した
銀やサムライもまた

世界の歴史を大きく動かしていたのです。

地球規模の視点から浮かび上がる
新たな歴史。

そこから 私たちが生きる

一つにつながった世界の始まりが
見えてきます。

オランダ・アムステルダム。 今 また

戦国日本が世界に影響を与えた証しが
見つかりました。

オランダ東インド会社が製造した大砲。

X線を当て 金属の成分を解析します。

世界各地の銅のデータと
比較したところ

驚くべき結果が明らかになりました。

日本の銅を使った大砲は
ヨーロッパの大戦争に投入されます。

30年の長きにわたるこの戦いで
オランダ側が勝利。

敗北したスペインの没落は
決定的なものとなりました。

宗教の時代から経済の時代へ。

国境を越えて 人やモノが行き交う中で

世界史の大転換が起こったのです。

新たな時代の扉を開いた戦国日本。

私たちは 今も

一つにつながった激動の世界に
生きています。

♬~

/////

/////
参考

NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ


参考

タイと日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ


「知」 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

教育 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

//
参考A

NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

参考

タイと日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

「知」戦国~激動の世界と日本~(2)ジャパンシルバーを獲得せよ2020/07/05

教育 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

京都 「知識」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

京都の「課題」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

京都の「知識」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

京都の「課題」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ
/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# 岡山の歴史のあの頃(1)? 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

岡山の歴史のあの頃(1)? 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ



地球規模の歴史から、日本の戦国時代の新たな姿を描くシリーズ。1集は、織田信長・豊臣秀吉、来日した宣教師、ヨーロッパ諸国の間で繰り広げられた、し烈な駆け引きを描く



世界各地で「日本の戦国時代」に関する発見が相次ぎ、大航海時代のヨーロッパと日本が強く結びつき、地球規模で歴史を揺るがしていた事実が明らかになってきた。第1集は、織田信長と豊臣秀吉の時代。ヨーロッパの16世紀の文書が公開され、信長・秀吉と、来日したキリスト教の宣教師、そして背後にいたポルトガルやスペインとの深い繋がりが見えてきた。それぞれの思惑と、しれつな駆け引きを描く。ナビゲーターは西島秀俊さん。

【司会】西島秀俊,【出演】前川泰之,【語り】礒野佑子

/////

日本の戦国時代をヨーロッパの意図から読み解く

 日本の戦国時代は今まではあくまで日本国内の視点のみで語られることが多かったが、それを世界との関わり合いから見ていこうという大胆な企画。視点を変えることで今までとは違う戦国時代の姿が見えてくるということである。

 日本の戦国時代、世界は大航海時代でキリスト教は世界制覇を目指していた。バチカン市国のイエズス会ローマ文書館に戦国日本にかかわる貴重な資料がある。今回特別に撮影を許可されたのが日本を訪れた宣教師の記録。記録は1549年にフランシスコ・ザビエルが来日して日本にキリスト教を伝えたところから始まる。


日本にキリスト教を伝えたザビエル
 全世界をキリスト教国にするという大きな使命を抱えた宣教師たちは、そのための情報活動も行っていた。宣教師は各地の日本人キリシタンの情報網から日本の政治に纏わる情報を収集していた。この情報網を取り仕切っていた宣教師がフランシスコ・カブラルだという。眼鏡をかけていたことから「4つ目のカブラル」と呼ばれていた彼は、布教の拡大のために次々と戦国武将への接触を図った。その過程で目をつけたのが織田信長だという。






信長と宣教師たちの虚々実々の駆け引き

 1572年、信長の屋敷を訪れたカブラルは布教に協力してもらうために信長に接近する。その3年後、長篠の合戦の勝利で信長は一躍天下統一に名乗りを上げる。この戦いは一般的に鉄砲の信長対騎馬の勝頼と見られているが、実は武田軍も鉄砲隊が存在した。この両者の違いは信長軍が使っていた鉄砲玉の分析から見えてくるという。成分を分析した結果、信長軍の鉄砲玉は遠くタイの鉱山で産出した鉛が使われていた。日本では貴重な鉛を信長は宣教師たちと手を組むことで入手していたのである。宣教師の記録でもカブラルが信長のために鉛の取引をしていたことが記されているという。ポルトガルの交易船が日本に鉛を運んでいたのである。


信長は鉛を海外から入手していた
 宣教師たちの狙いは全世界を支配下に置くことだった。そして信長と組んだ宣教師たちだが、その前に立ちはだかったのが石山本願寺に拠点を置く仏教勢力だった。宣教師は布教の妨げになる仏教勢力を信長に排除させようとしていた。宣教師たちの記録には「我々には日本を征服する権利がある」という記述さえあるという。カブラルは信長をキリスト教に改宗させることを考えていたが、信長は一族や家臣の改宗は認めたが本人はキリシタンになることはなかった。

 信長の意図は何にあったのか、実は宣教師たちはその情報も捉えていたという。秀吉が信長に「宣教師たちは密かに征服計画を進めている」と言ったという記録が残っている。秀吉はこの頃から宣教師たちに危険性を感じていたようであり、信長もそれを察知した上で軍事物資調達のために宣教師たちを利用していたのだという。

 宣教師たちは仏教徒を倒すために摂津に拠点を置く高山右近に目をつけ、右近に信長に味方するように働きかけたという。右近を始め1万人のキリシタン勢力の援軍を得た信長は石山本願寺に勝利する。




軍事大国化した日本を明国征服に利用しようとしていた宣教師たち

 戦国時代は宣教師たちの想像を越える事態をも生み出していた。日本が急激な軍事的発展を遂げていたのである。ヨーロッパから持ち込まれた鉄砲は、日本の刀鍛冶の技術と結びついてヨーロッパのものよりも質のよい鉄砲を量産できる体制が確立していた。鋼鉄製の甲冑さえ打ち抜ける破壊力を日本の鉄砲は有していた。戦国日本には30万丁もの銃が存在し、世界有数の軍事大国になっていた。宣教師たちはこの日本の力を利用することを考えていた。

 この頃、スペインでは征服王フェリペ2世がポルトガルを併合し、スペインは強力な世界帝国となっていた。フェリペ2世はアジアの支配に尽力するように命じ、宣教師たちはそのために中国の征服を考えており、日本の軍事力を利用して明国を征服することを考えていたのだという。

 しかし信長と宣教師の蜜月は、信長が自ら神になると宣言したことで終わりを告げる。信長が意のままにはならないと考えた宣教師たちは、九州のキリシタン大名たちに軍事的支援をすることでその強大化を狙っていた。この頃にキリシタンは10万人に増えていた。信長と宣教師たちの衝突は不可避になりつつあったが、それは本能寺の変で突然に終わりを告げる。




秀吉の朝鮮出兵の影で世界戦争の可能性が

 信長の死後、秀吉の天下を予想した宣教師たちは秀吉に接近する。秀吉は勝利し、政権中枢には多くのキリシタン大名が名を連ねることになる。この頃にはキリシタンは30万人を突破する。


宣教師たちは秀吉に接近する
 アジア征服のための中国支配を目指す宣教師たちは秀吉に明国出兵を働きかけようとするが、奇しくもそれは秀吉自身も考えていたところであった。宣教師は秀吉の朝鮮出兵に協力を約束する。九州の大名を中心とした日本軍は朝鮮を攻撃、劣勢を強いられた朝鮮に明国は大軍を援軍として派遣する。戦いは74万人を動員される大戦争となった。これによって最前線で戦うキリシタン大名の犠牲が急増する。しかし実はこれは秀吉のキリシタン大名を弱体化させるという戦略だったという。実はこれに先立ち秀吉はバテレン追放令を出してキリスト教の布教を禁じていた。宣教師の思惑はズレ始めた。さらに彼らを驚愕させたのは、秀吉が戦費調達のためにスペインの植民地であるフィリピンの支配を考えていたことだった。

 これに対してスペインは警戒を強める。実はこの時にスペインと日本との間での世界戦争の可能性さえあったのだという。しかしフェリペ2世が急死し、ほぼ同時に日本でも秀吉が亡くなることで世界戦争は起こることなく日本は朝鮮から撤兵する。




 なかなか面白い観点の内容である。当時のヨーロッパは布教と征服が一体となっており、実はイエズス会はヨーロッパによる世界征服の尖兵であった。こうして見ていると、想像以上にキリスト教勢力は邪悪な連中である。信長と宣教師たちのお互いに利用しようとする虚々実々の駆け引きも興味深いところである。しかしこうなってくると、本能寺の変の黒幕にイエズス会がいたという説もそう突飛なものには思えなくなってくるから不思議である。

 元から宣教師たちに対して警戒心を持っていた秀吉は、彼らを利用しつつも勢力が拡大しすぎてくると排除に移る。単に耄碌して判断力がなくなっていただけだと思われていた秀吉の朝鮮出兵も、その裏にキリシタン大名の勢力を削ぐという意図もあったと言われるとなかなかしたたかである。もっとも日本が明国を支配できると考えていたのは、やはり耄碌して判断力が鈍ってきたというようにも思えるが(もっとも宣教師たちも日本の軍事力で明国を支配させるつもりだったようだが)。

 なお日本を利用することを考えていたフランシスコ・カブラルは根っからの差別主義者で、日本人を内心でかなり見下していたという話もある。だからこその「我々には日本を征服する権利がある」なんだろう。ただこのような輩は当時のヨーロッパ人では極めて普通だったというのも事実。相手を野蛮人と見下しているから、力尽くの改宗も場合によっては根絶やしにすることも抵抗がないわけである。




忙しい方のための今回の要点

・宣教師たちはキリスト教による世界支配のために信長を利用しようとして接近し、信長もその意図を察知した上で天下統一のために利用する。
・信長は銃弾のための鉛を宣教師を使って海外から輸入していた。
・宣教師たちは布教の妨げとなる仏教勢力を排除するため、高山右近に働きかけて信長の石山本願寺攻めに協力させる。
・宣教師たちは信長をキリシタンに改宗させることも狙っていたが、信長はその狙いの乗らず、ついには自らを神と名乗るに至る。この事態に宣教師たちは九州のキリシタン大名たちを軍事支援して強力化させる。
・本能寺の変後、宣教師たちは秀吉が天下を取ると見込んで秀吉に接近する。宣教師たちはスペインの世界支配のために日本を利用して明国を征服することを狙っていたが、図らずしも秀吉も明国の支配を考えていたため、秀吉の朝鮮出兵に協力する。
・朝鮮では明国の援軍が来たことで大決戦となり、最前線のキリシタン大名の被害が大きくなるが、実はこれは秀吉の狙いでもあった。さらに秀吉がスペインの植民地だったフィリピンを戦費調達のために狙っていることも判明、スペインは警戒を強め、この時にヨーロッパとアジアでの世界戦争の可能性も持ち上がる。
・しかしスペインのフェリペ2世と秀吉がほぼ同時に亡くなったことで、この世界戦争の脅威は消滅する。


忙しくない方のためのどうでも良い点

・ヨーロッパ側の意図から戦国の歴史を読み解くという視点は、今まであまりメジャーではなかったですね。しかし今回こういう新たな視点を入れることで、この時代の歴史がさらに立体的に見えてきました。これは実に面白い。さすがになかなかやるなNHK。もっとも今回の内容は異論・反論も出るだろうな。もっともこの当時の宣教師たちはかなり胡散臭い連中であることは間違いないし、当時のヨーロッパが極めて侵略的であったのは疑いのない事実ではあります。
・しかし日本軍対スペイン軍のフィリピン沖海戦ってどうなるんでしょうね。外洋船の技術に関しては明らかにスペインの方に分がありますが、向こうは日本に比べると兵站線が長すぎる不利がある。それを考えたら結構ドッコイドッコイの勝負かも。ただ本気でこれをやったら、どっちの国も共倒れになる可能性が一番高い。

/////

『NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)


宣教師
日本
信長
戦国日本
ヨーロッパ
世界
鉄砲
スペイン
キリスト教
天下統一
秀吉
戦国時代
カブラル
記録
計画
歴史
キリシタン大名
軍事物資
軍事力
布教


///

(金属探知機の音)

戦国時代の日本を巡る
新たな発見がありました。

現れたのは 戦国の覇者 織田信長の
鉄砲玉です。

この鉄砲玉を科学的に分析したところ

驚くべき事実が分かりました。

その産地は 日本国内ではなく

4, 000キロ離れた
タイの鉱山だったのです。

鉄砲をとれ~!

群雄割拠の戦国時代。

し烈な争いは これまで

日本国内の出来事として
描かれてきました。

ところが今 世界各地で
戦国日本に関する発見が相次いでいます。

実は 世界と日本は 深く結び付き
歴史の大変動が起きていたのです。

特に注目されているのが

日本にやって来た
キリスト教の宣教師たちの機密文書。

宣教師たちは
壮大な計画を秘めていました。

日本の力を利用して

アジアを征服するというのです。

当時 日本では
軍事技術が急速に進化し

世界に類を見ない
軍事国家となっていました。

計画のカギを握るのは
天下統一を目指す織田信長。

信長と宣教師は それぞれの思惑を抱き

激しい駆け引きを繰り広げます。

宣教師の背後にいたのは
ヨーロッパの超大国 スペイン。

全世界をキリスト教国家に
しようとしていました。

やがて 戦国日本の軍事力は

世界に 未曽有の戦乱を
引き起こしていきます。

地球規模のグローバルな視点から
明らかになる 新たな歴史。

戦国日本と世界が織り成す激動の時代を
2回シリーズで描きます。

今から500年前の戦国時代。

皆さんは
どんなイメージを持っていますか?

勇猛果敢な武将たち。

そびえ立つ 巨大な城。

しかし 戦国時代には
全く別の姿もありました。

日本が初めて

広い世界と結びついた時代でも
あったのです。

世界は当時 大航海時代。

新たな領土や富を求めて

ヨーロッパの人々が
大海原に乗り出していきました。

同時に 世界各地に急速に広まったのが
キリスト教。

その波は アメリカ アフリカ
アジアに押し寄せ…

ついに 日本に到達します。

実は この時 宣教師たちは

壮大な征服計画を
胸に秘めていました。

それが 戦国日本の戦いや

天下統一への歴史を左右していたのです。

キリスト教 カトリックの総本山
バチカン。

戦国日本に関する貴重な史料の撮影が
特別に許可されました。

記録の始まりは 1549年。

この年 宣教師のザビエルが来日。

熱心な布教活動で
信者は 徐々に増えていきます。

宣教師には
全世界をキリスト教の国にするという

大きな使命がありました。

それを達成するため 実は 宣教師が
極秘の情報活動をしていたことが

明らかになってきました。

1572年の記録。

ひそかに進められていた将軍の暗殺計画を
つかんだことを記しています。

宣教師は
各地の日本人キリシタンと協力して

広大な情報網を築き
戦国武将の動向を探っていたのです。

記録には 情報網を取りしきっていた
宣教師の名前が記されています。

フランシスコ・カブラル。

あの人 目が4つある。

当時 日本になかった
眼鏡をかけていたことから

四ツ目のカブラルと呼ばれていました。

ザビエルから数えて3代目の
宣教師のリーダーでした。

カブラルは 布教の拡大を図るため

次々と戦国武将への
接触を試みようとしていました。

その中で 最も有力な候補者と考えたのが
織田信長でした。

「信長は もともと弱小国の武将だったが

鋭い判断力と慎重さを持っていた」。

信長は 現在の愛知
尾張の小さな領主から

急速に勢力を広げていました。

1572年 カブラルは初めて

信長の屋敷を訪問します。

信長殿に布教活動を後押しして頂きたい。

考えておこう。

布教のため 信長に近づいたカブラル。

この出会いが
日本の歴史を大きく動かしていきます。

3年後の1575年。

信長が天下統一に向け 大きく飛躍した
長篠の戦いです。

鉄砲をとれ~!

構え~!

立ちはだかるのは
戦国最強と恐れられた武田家。

勇猛果敢な騎馬軍団を率いていました。

これまで長篠の戦いは

信長の鉄砲と 武田の騎馬の戦いだと
いわれてきました。

ところが 武田家の古文書によれば

武田側にも鉄砲隊がいたことが
確認できます。

長篠の戦いは

鉄砲対鉄砲の戦いでもあったのです。

何が両者の勝敗を分けたのか?

長篠の戦いがあった合戦場の跡地です。

(金属探知機の音)

去年 戦いの痕跡を探すため

50人がかりの大規模な調査が
行われました。

戦国時代の弾丸です。

合戦当時の陣形や見つかった場所から

信長軍の鉄砲玉と推定されました。

この鉄砲玉の素材は 鉛。

当時の日本では 極めて貴重な金属でした。

鉛の成分を解析した結果

意外な事実が分かりました。

信長軍の弾丸は
海外で産出された鉛で出来ていたのです。

詳しい産地を特定するため

世界各地の鉱山が
徹底的に調査されました。

候補の一つとして
浮かび上がってきたのは

日本から4, 000km離れた
東南アジアのタイです。

首都 バンコクから車で4時間。

タイ西部の山奥にある鉱山です。

坑道の総距離は 50km。

アジア有数の巨大鉱山。

鉛の埋蔵量は 300万トン。

鉄砲玉に換算すると

20億発に相当する
巨大な鉛の生産地でした。

光り輝く部分が 鉛です。

分子レベルでの分析によって

この鉱山の鉛と 長篠の戦いで使われた
弾丸の成分が 一致しました。

海外の鉱山まで伸びる
この鉛のネットワークこそが

信長の勝因の一つだったのです。

今回 撮影が許された宣教師の記録。

鉛が ある男の命令によって

日本に売られていたことが
記されていました。

それは あの カブラル。

四ツ目の異名をとる
宣教師のリーダーです。

カブラルは
布教を後押ししてもらうため

軍事物資である鉛の取り引きを
行っていたと考えられています。

日本に軍事物資を運んだのは

大航海時代を切り開いた
ポルトガルの交易船でした。

これは 沈没した交易船の調査の映像です。

見つかったのは 大量の弾丸。

そして ヨーロッパで作られた鉄砲。

戦に欠かせない軍事物資を通じて

宣教師は
戦国武将の懐に深く食い込んでいました。

そのことが 戦国日本の運命を
大きく左右していたのです。

長篠の戦いで 宣教師の力を借りて
宿敵 武田家を打ち倒した信長。

それにしても
聖職者の宣教師たちが なぜ

軍事物資を利用してまで
布教を行っていたのか?

その背景にあったのは
世界の覇権を巡る争いでした。

片や スペインなど
ヨーロッパの強大なキリスト教勢力。

片や オスマン帝国に代表される
イスラーム教の勢力。

両者が激突し
キリスト教勢力が勝利を収めます。

この時代 キリスト教勢力は

全世界を
その支配下に置こうとしていました。

例えば インド・ゴアでは 武力で制圧。

住民を強制的に
キリスト教に改宗させました。

改宗を徹底させるため
こうした拷問まで行われました。

柱には 縄の跡。

石が削られるほど
頻繁に使われたことを うかがわせます。

そうした中
日本にやって来た宣教師たちは

軍事物資の取り引きを通じて

天下統一にまい進する信長と
タッグを組んだのです。

しかし その前に…

大きな壁が立ちはだかります。

それが 仏教勢力。

戦国時代 仏教勢力の中心となったのは

大坂の石山本願寺でした。

天下統一を目指す信長の
最大の敵となり

10年に及ぶ死闘を繰り広げます。

石山本願寺は
各地の大名と連携し

信長包囲網を形成。

その勢力は 信長軍を
はるかに しのいでいました。

この状況を覆そうとしたのが
信長と手を組む宣教師でした。

布教の妨げになる 仏教勢力を排除し

日本人を改宗させようとしていました。

日本をキリスト教の国に
作り変えようとした

宣教師 カブラル。

そのための具体的なプランが
史料に記されていました。

「信長をキリスト教に改宗させる」。

「そうすれば」…。

天下統一を望むのなら
デウス様に仕えるのです。

何? わしに キリシタンになれと申すか。

信長自身は 改宗しなかったものの

一族や家臣が
キリシタンになることは認めます。

信長は 何を考えていたのか。

手がかりとなる記録が
残されていました。

宣教師の情報網がつかんだ

信長と家臣 豊臣秀吉の会話です。

「秀吉は言った」。

上様 申し上げたいことが。

何じゃ。

宣教師のことです。

やつらは 日本を征服するため

この地まで来ておるに違いありませぬぞ!

案ずるな…

やつらの野望には
いまだ時がかかるであろう。

信長は 宣教師の計画を察知しながらも

軍事物資を得るため
手を組み続けたと考えられています。

一方の宣教師は
仏教勢力を倒す策を巡らせていました。

キリスト教の布教に
大きな貢献をした人々を祭る

スペインの教会。

カギを握った日本人が 描かれていました。

キリシタン大名 高山右近。

この右近こそ 仏教勢力を打ち破る
切り札でした。

右近は 石山本願寺に近い
大坂の摂津の領主。

ここが信長軍の攻撃拠点となれば
一気に有利になります。

記録によれば
石山合戦が激しさを増す 1578年

宣教師は 右近に接触。

苦戦を続ける信長を支援するよう
説得していました。

石山合戦が どんなに重要か
分かっておられるのですか?

右近は 信長軍に合流することを
決断します。

それがし デウス様の導きに従うのみ。

これで大局が動き出す。

かかれ!

(一同)お~!

右近を中心に 1万人を超える
キリシタンの援軍を得た 信長軍。

最大の敵を ついに破り
天下統一へ まい進してゆくのです。

そうした中
未曽有の戦争多発地帯となっていった

戦国時代の日本。

宣教師は 予想を超える
日本の軍事的発展を

驚きをもって記しています。

最新の調査から 日本で

空前の軍事革命が起きていたことが
分かってきました。

その最大の変化は
ヨーロッパから伝わった鉄砲。

国産化が進む中
急速な技術革新が生じていました。

日本に鉄砲が伝来してから
どんな変化が起きたのか比較します。

放射線で透視した 銃身の断面。

黒い部分は 鉄に含まれる不純物です。

海外産と比べ 国産は
不純物が均等に分散しています。

これは 銃身の強度が
安定していることを示しています。

その秘密は 鍛造と呼ばれる
技法にありました。

この技は 日本刀の製作で
磨かれたものでした。

鉄を鍛え上げることで
強度を飛躍的に高めたのです。

進化した国産銃の威力が発揮されるのは
弾を発射する時。

火薬を大量に詰めても
銃身がゆがむことはなく

その爆発力を弾丸に伝えます。

(銃声)

鋼鉄製の甲冑を 容易に打ち抜く破壊力。

日本の鉄砲は ヨーロッパとは異なる

独自のイノベーションを
遂げていたのです。

更に 日本では

この進化した鉄砲の大量生産も
進められていました。

信長の直轄地だった 堺の町。

鉄砲の製造について記された
2万点の古文書が見つかりました。

注目したのは 鉄砲を作っていた
職人たちのリスト。

銃身から 台座 火蓋まで。

戦国時代には
パーツごとに分業制がとられ

鉄砲の大量生産が行われていたと
考えられています。

戦国日本にあった鉄砲の数は
30万丁といわれ

世界一の銃大国になったとされています。

(銃声)

世界でも 突出した
軍事国家となった戦国日本。

宣教師たちは
信長の天下統一を後押しする一方で

日本の軍事力を詳しく分析しています。

日本は 強大な軍事力を持っている。

日本の力は利用する価値がある。

全世界を キリスト教の国にしようとした
宣教師たち。

戦国日本を より大きな世界戦略に
組み込もうとしていたのです。

信長の城 安土城。

絶大な権力の象徴です。

この青い屋根瓦。

これと同じ
青い瓦を特別に許されていたのが

安土城下に建てられた 神学校です。

信長と宣教師たちが

どれほど深い関係になっていたかが
うかがえます。

その裏で ひそかに征服計画を抱いていた
宣教師たち。

彼らの計画を加速させることが
ヨーロッパで起きました。

震源地は…

スペイン。

征服王と呼ばれた フェリペ2世が
ポルトガルを併合したのです。

これは 世界情勢を
大きく塗り替える出来事でした。

当時スペインは 無敵艦隊と呼ばれる
130隻の軍艦を持ち

世界有数の海軍力を
誇りました。

そのスペインが
ポルトガルの広大な植民地を飲み込み

巨大な帝国が誕生したのです。

フェリペ2世が下した命令です。

アジアの征服に尽力せよ。

このことが 戦国日本を
大きく揺るがすのです。

解読が進む 宣教師の機密文書。

スペイン帝国に宛てた報告書が
残されていました。

浮かび上がってきたのは
アジア征服に向けた 壮大な計画です。

「我々の最大の目標は
中国の征服である。

それは」…。

当時 明と呼ばれた中国は

アジア最大の国土と人口を
抱えていました。

キリスト教が
アジアを席けんするためには

この国の征服が不可欠と
考えられていました。

カギは 世界屈指の
戦国日本の軍事力でした。

アジア征服のため
日本の軍事力を利用しようとする宣教師。

宣教師がもたらす軍事物資を使って
天下統一を目指す信長。

しかし 両者の蜜月は
終わりに近づいていきます。

信長の言葉です。

「われ 神にならん」。

天下統一を目前に 自信を深めた信長。

キリスト教の神ではなく

自分こそ この世の支配者だと
宣言したのです。

信長は意のままにはならない。

戦略の立て直しを迫られた宣教師。

新たな計画に乗り出していました。

その舞台は
中国に近く キリシタン大名の多い九州。

宣教師は 長崎港一帯を
キリシタン大名から譲り受け

支配下に置きます。

更に 最新兵器
大砲を九州に持ち込み

軍事力の強化を
図ろうとしていました。

このころ 日本のキリシタンは
九州を中心に 10万人に増加。

信長の想像を超えた
大きな勢力へと成長していました。

貴様ら…

この国で何をしようとしておるのじゃ。

宣教師の真意を問いただす信長。

記録によれば
宣教師は こう言い放っていました。

何?

それぞれの目的のため
駆け引きを繰り広げてきた宣教師と信長。

緊張をはらんだ両者の関係は
突然の事件によって断ち切られます。

京都にいた信長が
家臣の軍勢に襲われたのです。

この時の様子を
宣教師が つぶさに記録していました。

(銃声)

信長の野望は 砕け散りました。

これまでか…。

信長の死後も 宣教師の計画が
止まることはありませんでした。

信長の後継者を決める山崎の戦い。

宣教師が勝利すると睨んだのは
豊臣秀吉でした。

宣教師は 高山右近ら
キリシタン大名に対し

秀吉側に加わるよう
働きかけていました。

追え~!
(一同)お~!

宣教師の狙いは的中。

秀吉は勝利し 信長の後継者となります。

そして 政権中枢には

多くのキリシタン大名が
名を連ねたのです。

秀吉の時代
日本のキリシタンは 30万人を突破。

新たな政権のもとで
宣教師たちの計画が加速していくのです。

ヨーロッパから伝わった鉄砲を改良し
独自の技術革新を起こした戦国日本。

鉄砲の強大な力は

信長を戦国の覇者へと押し上げました。

ところが…。

この後 世界帝国 スペインと

それを後ろ盾とする宣教師たちは

信長の死後も アジア征服計画を続行します。

最大の目標である 中国。

高価な陶磁器や絹織物
金や銀などの貴金属にあふれ

世界一豊かな国でした。

激動の世界と向き合う戦国日本。

物語は いよいよ
クライマックスへと向かいます。

日本の軍事力を利用した中国征服計画。

その実現のため 宣教師は
秀吉に働きかけます。

秀吉殿は
日本を平定したあとは どのように…?

明国への出兵。

天下統一を目前にした秀吉。

次なる目標と語ったのは

くしくも 宣教師の狙いと同じ
明への遠征でした。

宣教師は この機会を見逃しませんでした。

われらの軍船をお貸ししましょうか。

キリシタンも 意のままに動きましょう。

1592年 中国征服の足掛かりにしようと
始まったのは 朝鮮出兵。

キリシタン大名を先陣とする大部隊が
海を渡りました。

(銃声)

日本軍の猛攻撃を受けた朝鮮軍は
劣勢を強いられます。

これに対し 中国の明が
朝鮮に大規模な援軍を派遣。

戦いは激化し

推定で74万人が動員される
大戦争になりました。

この時 最前線で戦う
キリシタン大名の犠牲が急増。

しかし これは 秀吉にとって
戦略の一環だったと考えられています。

拡大を続けるキリシタン勢力を脅威と捉え
その力を削減しようとしていた秀吉。

これに先立ち 日本では
バテレン追放令が出され

キリスト教の布教も禁じられていました。

宣教師の思惑とは
かけ離れた形で進んでいく戦国日本。

更に 宣教師たちにとって
想定外の事態が起きます。

スペインの植民地 フィリピン。

宣教師は 現地からの情報で

秀吉の野心が フィリピンにも
向けられたことを知ったのです。

秀吉が狙ったのは スペインの富。

征服王 フェリペ2世の
植民地を奪うことで

朝鮮出兵の戦費を賄おうとしていました。

スペインの富を手に入れよ!

そして 明国を討ち滅ぼすのじゃ。

(一同)はっ!

フィリピンの状況を知った
ヨーロッパの超大国 スペイン。

一触即発に備え 警戒を強めます。

戦国時代
ヨーロッパから伝わった兵器を進化させ

世界屈指の軍事国家となった日本。

その強大な力は制御を失い

ヨーロッパとアジアが激突する
世界戦争の危機を招いていたのです。

しかし 1598年
緊迫した情勢は一転します。

スペインのフェリペ2世が急死。

その5日後 日本で秀吉が死去。

日本軍は 朝鮮半島から撤退を決定します。

宣教師が抱いた中国征服計画は
幕を閉じたのです。

大いなる野望を抱いた者たち。

フェリペ2世 豊臣秀吉 そして 宣教師。

ヨーロッパと日本の軍事 宗教が
複雑に絡み合った この時代。

地球規模の
ダイナミックな歴史が動き出し

世界を巻き込んだ
大戦争の危機に直面したのです。

この後 新たなプレーヤーを迎える

戦国時代の日本。

ヨーロッパの新興国 オランダ。

そして 徳川家康。

日本は
世界の覇権争いのカギを

握るようになります。

戦国日本は 世界の歴史を
どのように動かしていったのでしょうか。

フェリペ2世の死後 超大国 スペインは

世界各地で行っていた征服戦争が
裏目に出て 国力が衰退。

それとともに オランダやイギリスなど
新興国が台頭します。

新たに勃発した世界の覇権を巡る争い。

その最前線に
戦国日本のサムライがいたことが

最新研究から明らかになってきました。

日本の進化した武器を携えた傭兵です。

あまたの日本人傭兵が
ヨーロッパ諸国の植民地争奪戦に参加。

戦国日本は 世界史を動かしていたのです。

そこで 重大な役割を果たしたのが
日本で採れる豊かな銀でした。

このジャパン・シルバーの力によって

世界経済の主導権を握ろうとする
ヨーロッパの大国。

面白い。

家康と手を結んだ オランダ。

豊臣家とつながる スペイン。

決戦の舞台は
戦国最大にして最後の合戦 大坂の陣。

日本とヨーロッパの覇権争いが
深く結び付いていきます。

地球規模のグローバルな視点から
新たな歴史を綴る「シリーズ戦国」。

次回は 日本と世界の歴史がクロスした
決定的な瞬間に迫ります。
/////
参考

NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ


参考

タイと日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ


「知」 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

教育 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

//
参考A

NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

参考

タイと日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

「知」戦国~激動の世界と日本~(2)ジャパンシルバーを獲得せよ2020/07/05

教育 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

京都 「知識」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

京都の「課題」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

京都の「知識」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

京都の「課題」 NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(1)「秘められた征服計画」2020/06/28(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ

タイ王国と日本 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパンシルバーを獲得せよ 2020/07/05(日) メモ
/////
 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR