FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山を歩く <まちなか健康スタンプラリー> と <まちぶら 実験> (社会実験)

岡山を歩く <まちなか健康スタンプラリー> と <まちぶら 実験> (社会実験)

岡山の社会実験を応援します。(検証をしっかり、市民に報告して欲しい!)

岡山を歩く <まちなか健康スタンプラリー> と <まちぶら 実験> (第2回 社会実験 スタンプラリー)
2つのスタンプラリー

家族で健康・家族でスタンプラリー (2つのスタンプラリー) 

スタンプラリーは、子供らに人気! (次回の企画にも期待しています。) 
//////
<まちなか健康スタンプラリー>

散歩 <まちなか健康スタンプラリー>岡山市街地歩いて健康とにぎわいを
まちなか健康スタンプラリー ee



健康づくりのため市民らに市中心部を歩いてもらうとともに、まちのにぎわいにつなげる初の「まちなか健康スタンプラリー」を10月10、11日に実施すると発表した。
 市中心部をA-Cの3エリアに分け、スタンプポイントを3カ所ずつ設置。6カ所以上のスタンプ(各エリア最低1カ所)を集めると、健康計測機器メーカー・タニタ(東京)のレシピ本、新見市産米のセットなどが抽選で当たる。

 スタンプポイントは
Aエリアが岡山淳風会タニタ食堂、イオンモール岡山、JR岡山駅前広場。
Bは山陽新聞社さん太広場、下石井公園、桃太郎大通り三菱東京UFJ銀行前。
Cは天満屋岡山店、旧内山下小学校、岡山城天守閣前広場。

 またスタンプポイント4カ所で健康に関するクイズを出題。3問以上の正解者(各日先着50人)にタニタ食堂の食事券をプレゼントする。

 両日とも市中心部では、秋のおかやま桃太郎まつりやおかやま国際音楽祭、県庁通りなどでの交通社会実験があり、市保健管理課は「まちなかの魅力を発見しながら歩き、健康への関心を高めてほしい」としている。
 スタンプ台紙となるリーフレットは各スタンプポイントで配る。問い合わせは同課(086 803 1250)。

タニタの無料券
(スタンプポイント4カ所で健康に関するクイズを出題。3問以上の正解者(各日先着50人)にタニタ食堂の食事券 GET!)

次回
まちなか健康スタンプラリー 11月1日から3日(3日間)/ 「備前岡山ええじゃないか2015大誓文払い」

///////
<まちぶら 実験> 
岡山 社会実験 2

<まちぶら 実験> (第2回 社会実験 スタンプラリー) 岡山の回遊性を促進!

<岡山市>中心街活性化へ歩道拡大 第2回社会実験始まる 

岡山市の中心街活性化に向けた2回目の社会実験が10日、北区の県庁通りで始まった。通りの一部を初めて交通規制して歩道を拡大させたが、イベント会場以外の人通りはまばらで、出店の充実を求める声も聞かれた。

 対象区間は市役所筋から表町商店街までの約900メートル。市役所筋から柳川筋まで約500メートルの区間では、2車線のうち1車線を歩道として開放した。

 通り沿いの両備バス(北区錦町)駐車場では市内の高校生らが書道やダンスのパフォーマンスを披露。多くの通行人が足を止め、市が設置したベンチで休憩する姿も見られた。一方、オープンカフェなど飲食できる場所は限られ、人通りの少ない時間帯もあった。

 南区の公務員、出戸康子さん(57)は「通りでの出店や催しを充実させれば、さらに回遊性が高まる気がした」と話した。

 実験は11日まで。市は交通量調査やアンケート調査を行い、市民の反応を探る。午前11時?午後4時。正午-午後4時には、西川緑道公園沿いの一部を歩行者天国にしてオープンカフェも出る。



岡山市中心部で初の交通社会実験

岡山市中心部社会実験 9割が評価NHKのニュースでは、「歩行者には好評価」、「タクシー運転手らは、不評」と・・・。

「イオンモール岡山」少し、心配?  (集客力がピンチか? 戦略の見直しが必要か?)
///////
twitter情報

まちなか健康スタンプラリー  Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報

岡山 社会実験 Yahoo!検索(リアルタイム) twitter情報


///////
社会実験:活性化「一定の成果」 2回目で岡山市長 /岡山

 岡山市の大森雅夫市長は14日の定例記者会見で、中心街の活性化を目的に10、11両日に北区の県庁通りなどで実施した2回目の社会実験について、「前回を上回る人の流れが生まれて一定の成果が出た」と評価した。今年度最後となる3回目の社会実験を11月28、29両日に行う方針。


 実験の一環で企画したスタンプラリーで全てを回った参加者は2日間で前回(5月、647人)の約1・8倍の計1150人に上った。一方、県庁通りでは2車線のうち1車線を交通規制し、歩行者が歩けるようにしたが、大森市長は「思ったより車道を歩く人が少なく、改善が必要」と指摘した。

 実験で行った交通量調査や街頭アンケートは後日、公表する。大森市長は「(社会実験の)回数を重ねないと最善策は見つからない。経済効果が生まれるような街の構造の変化を求めていきたい」と述べた。
///////
市長を応援します!
///////
11月28、29日に社会実験の意向

◇岡山市 回遊性向上へ3回目

岡山市の大森雅夫市長は14日、市中心部を歩行者優先にする社会実験について、3回目を11月28、29日に行う考えを示した。今月10、11日の実験結果を踏まえ、今後、県警と協議する。

 市は10、11日、県庁通りの一部区間で、2車線を1車線に減らす実験を初めて実施。大森市長は「ゴールデンウィーク期間中に実施した第1回目を上回る人の流れが見られた」と振り返った。

 その一方、県庁通りで歩行者に開放した車線を歩く人は少なく、西川緑道公園筋を歩行者天国にした11日午後には、周辺で車の混雑がみられた。今後、交通量調査の結果などを検証するという。

 市は3回目の実験でも、県庁通りの車線規制などを行う意向で、大森市長は「中心市街地に人の流れをつくり、市全体の牽引けんいんに力を入れたい。回遊性向上に向け、実験を重ねることが重要だ」と述べた。

まちぶら 実験 ss

( 第2回 社会実験のスタンプラリー参加の「粗品」  :  第1回 社会実験 よりも よくなった! 第3回はいかに・・・!)
/////
社会実験 1回目 2回目 の様子

社会実験 第1回 の様子
岡山 岡山市中心部の社会実験アンケートまとまる 約9割が評価 (「イオンモール岡山」からの回遊は?)

岡山市が歩行者天国  社会実験 (画像)など

////
社会実験 第2回 の様子
岡山市中心部で交通社会実験開始 「まちぶら実験」 /「まちなか健康スタンプラリー」

岡山市 県庁通りで第2回社会実験 (中心市街地の回遊性向上をめざして) 10月10、11日

岡山 秋の桃太郎まつり 10月10日開幕 / 10月10日から県庁通りと西川筋「歩行者天国」 回遊性 スタンプラリー
/////
おかやま まちなか健康スタンプラリーに参加!抽選で景品がもらえる

タニタ食堂の食事券が当たる! 岡山まちなか健康スタンプラリー 健康クイズ

まちぶら実験 スタンプラリー 5個達成で景品&クーポンプレゼント
/////
岡山の秋の桃太郎まつり 岡山城
私もベリーダンス習いたい! One Pieceワンピース 海賊女帝 ボア・ハンコック の仲間 になれるかな?

One Pieceワンピース 海賊女帝 ボア・ハンコック風 ファッション というか・・・ 蛇がリアル!(岡山の秋の桃太郎まつり 岡山城)

/////
西川筋の歩行者 5月比21%増 社会実験 岡山  (第2回 社会実験 交通量調査の速報値)


岡山 社会実験 県庁通り車線規制 歩行者最大4.2倍 (西川筋の歩行者)

岡山市は27日、市中心部で歩きやすい空間をつくる社会実験(10、11日)に伴う交通量調査の速報値を発表した。11日の歩行者数は西川緑道公園筋が3418人で、5月の実験時の調査に比べて602人(21・4%)増加。初めて車線規制して歩道を広げた県庁通りは、2カ所の調査地点で人出が前回並みだった。
 速報値では、歩行者天国にしてオープンカフェを設けた西川筋は、イオンモール岡山(同市北区下石井)開業前の昨年6月の日曜と比較すると14・3倍。2車線を1車線に規制してスタンプラリーなどを展開した県庁通りについて、11日は県農業会館前(同磨屋町)が4292人(5月比77人増)、平和橋交差点西側は5360人(同25人増)。昨年6月比で同会館前は2・8倍、平和橋交差点西側は4・2倍だった。
 一方、県庁通りのみで実験を行った10日は同会館前が3502人、同交差点西側は3695人で、11日に比べそれぞれ790人、1665人少なかった。
 大森雅夫市長は記者会見で「(実験は)回遊性の向上と魅力づくりの観点から一定の効果があった」と強調。県庁通りでは10日よりも11日の歩行者通行量が多かったことについて「西川筋の歩行者天国の相乗効果もあった」と説明した。
 市は他の地点でも歩行者や車の交通量を調べており、11月中旬に最終的な結果を取りまとめる予定。
 交通社会実験は5月に初めて行い、10月が2回目。3回目は11月28、29日に予定している。

////
県庁通り車線規制 歩行者最大4.2倍

◇岡山市が社会実験結果

 岡山市は27日、市中心部で10、11日に行った社会実験の交通量調査結果(速報値)を発表した。

 市は当日、県庁通りの一部区間で2車線を1車線に規制し、歩行者に開放。その結果、県庁通り(平和橋交差点周辺)の歩行者は、イオンモール岡山開業前の昨年6月と比較し、2.3~4.2倍の3500~5300人に増えた。

 歩行者天国にした西川緑道公園筋は、14.3倍の3400人。一方、県庁通りの歩行者の通行量は、5月の実験に比べて同程度か下回ったという。

 11月28、29日に予定している実験でも、同様に県庁通りの一部を1車線に規制。歩行者に開放した車線を、自転車走行用とし、29日は同公園筋を歩行者天国にする方向で、県警などと協議する。


////
<社会実験>歩行者調査 緑道公園筋で増える 岡山市 /岡山

岡山市は27日、北区の県庁通りなどで10、11両日に行った2回目の社会実験に伴い、周辺3カ所で実施した交通量調査(速報値)を発表した。一部を歩行者天国にした西川緑道公園筋での11日の歩行者数は3418人で、前回実験時(5月)から602人増となったが、車線規制で歩道を広げた県庁通りの2カ所では前回と大差は見られなかった。

 市によると、イオンモール岡山(北区下石井1)開業前の昨年6月に実施した調査と比べると、西川緑道公園筋の通行量は約14・3倍、県庁通りの2地点はそれぞれ約4・2倍と約2・8倍だった(11日の数字で比較)。

 また、土曜にあたった10日は県庁通りのみで調査したが、いずれも11日に比べるとかなり少なかったという。

 大森雅夫市長は定例記者会見で、「5月と比べ実験は一定の効果があった。改善点を考慮し、次回の実験を行いたい」と話した。

 他の地点での結果など最終的な数値は11月中旬に公表する。3回目の社会実験を11月28、29両日に行う予定にしている。
////
2015年 11月13日
社会実験 県庁通り渋滞発生せず 岡山

岡山市の大森雅夫市長は13日の定例記者会見で、市中心部の県庁通り、西川緑道公園筋に歩行者優先空間をつくる2回目の社会実験(10月10、11日)の交通量調査結果を公表した。初めて車線規制した県庁通りでは渋滞が発生せず、平常時を下回るか同水準の自動車通行台数にとどまっており、迂回(うかい)路への誘導や公共交通利用の呼び掛けが奏功したとの見方を示した。
 市長は「10日の自動車交通量はイオンモール岡山開業前からあまり変化がなく、11日は若干減少した。誘導や事前の周知がある程度できた」と述べた。
 自動車台数は市役所筋の下石井1丁目交差点南側と、県庁通りの同交差点東側、平和橋交差点西側、同東側、岡山中央郵便局前交差点西側の計5カ所で調べた。
 下石井1丁目交差点東側で10日にイオン開業前の昨年6月(2073台)を1割上回る2294台だったものの、他の地点では2日間とも昨年6月を1?2割下回るか同水準にとどまり、渋滞は確認されなかった。
 ただ、西川筋では歩行者天国で通行止めにした11日について、夕方の混雑時に県庁通りから南へ最長300メートルの渋滞が発生し、周知などに課題を残した。
 歩行者数は、県庁通りと西川筋の9地点で計測。おおむね5月に行った1回目の実験より多いか同水準の人通りで良好な回遊状況だったが、今回から実験区間に加えた表町周辺の天満屋岡山店前では、10日に実験前の9月と比べて1割減少した。市長は「イオンから表町まで回遊を延ばす施策をさらに考えたい」とした。
 28、29日に予定する3回目の実験について、県庁通り2車線のうち1車線を削減し、道路南北それぞれに自転車レーンを設ける考えも示した。
////
岡山 社会実験
Powered by RSSリスティング


まちぶら 実験
Powered by RSSリスティング


まちなか 健康 スタンプラリー
Powered by RSSリスティング


//////
来年は、 10 月31日 ( ハロウィーン の日) にもあるといいね!
//////
2015 10 31 ( ハロウィーン の日)
//////   
岡山市中心部歩いて健康増進 (第1回のデータ と 第2回のお知らせ)



岡山市中心部を歩いてもらい、にぎわいづくりや健康増進につなげる「第2回まちなか健康スタンプラリー」(市主催)が11月1-3日の午前11時-午後4時に行われる。
 市中心部をA-Cの3区域に分け、スタンプポイントは計13カ所設ける。スタンプを各区域1カ所以上、計8カ所以上集めると健康計測機器メーカー・タニタ(東京)の体組成計、新見市産米の地産地消セットなどが抽選で当たる。
 商店街などの特売イベント「備前岡山ええじゃないか2015大誓文払い」(1-3日)や西川緑道公園での「花・緑ハーモニーフェスタin西川」(3日)などに合わせて開催する。


 スタンプポイントは区域Aがイオンモール岡山、奉還町商店街、駅前商店街など6カ所に設ける。Bは西川緑道公園野殿橋付近と岡山高島屋の2カ所、Cは天満屋岡山店、千日前商店街など5カ所。
 第1回は10月10、11日に実施。約2000人が参加し、1036人が条件(9カ所のうち6カ所以上のスタンプ獲得)を達成した。


 スタンプの台紙は各スタンプポイントで配る。問い合わせは市保健管理課(086 803 1250)。

/////
岡山市 中心部のまちなか イベント
西川緑道公園 の 通年イベント いろいろ


満月BAR
 ワインを飲みながら談笑する若者グループに、カクテルを手に雰囲気に浸るカップル…。満月の夜、西川緑道公園の野殿橋ステージ(岡山市北区平和町)一帯は、欧州の都市を思わせるおしゃれな空間に変ぼうする。
 「満月BAR」。その名の通り、満月の夜にだけ繰り広げられる屋外バーイベントだ。市民の実行委が2012年6月から開催。テーブルを持ち込み、ドリンクやフードを提供する。
 冬期を除き毎月開かれている。





有機生活マーケットいち
 農薬を使っていない野菜、天然酵母パン、体に優しいカレー…。西川緑道公園で原則毎月第3日曜に開かれている「有機生活マーケットいち」は、こだわりの食材、飲食物などの店が並ぶ。
 市民の実行委員会が2011年に始めたマルシェ(市場)。約40の店がブースを設け、1500人を集める。今月からは月替わりのテーマも設定、出店者がそれに沿った商品を提供する。





西川キャンドルナイト
 夜の西川緑道公園に浮かび上がる柔らかな明かり。幻想的な雰囲気の中で、家族連れやカップルらがそぞろ歩きを楽しむ。
 公園の遊歩道などを数千個のろうそくで彩る「西川キャンドルナイト」。リサイクルして作ったキャンドルを飾り、日没とともに点灯する。ステージではクラシックなどの生演奏が繰り広げられ、ムードを盛り上げる。
 NPO法人タブララサなどが2006年から年に1、2回開催。近年は、ゴールデンウイークのイベントとして定着している。2013年は過去最多の約3千個が光を放った。





ハレノミーノ
 フランス料理店におしゃれなバー、高級日本料理店にラーメン店も―。西川緑道公園一帯で食べ歩き、飲み歩きを楽しむイベント「ハレノミーノ」。にぎわい創出にと飲食店やNPO法人でつくる実行委が2011年から定期開催し、13年4月に5回目を迎えた。
 5枚つづりのチケット(前売り3500円、当日4千円)1枚につき、飲み物1杯と料理1品のセットメニューを楽しめる。参加者はいろいろな店や料理を味わえ、店は新たなお客に来てもらえるというメリットがある。
//////
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR