FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山の秋がかわる おかやまマラソン 1万4千人熱走

岡山の秋がかわる おかやまマラソン 1万4千人熱走

おかやま マラソン 地図




有森さん 8年ぶり完走「感無量」 おかやまマラソン

「おかやまマラソン」スタート 岡山 / 有森、山口さん 走者にエール

五輪メダリストの有森裕子さん マラソン




「こんなに沿道に人が出てくれるなんて。途切れない応援に後押しされて走り切れた。感無量」。8日行われたおかやまマラソンで、8年ぶりにフルマラソンを完走した女子マラソン五輪メダリスト有森裕子さん(48)=岡山市出身=は、4時間46分32秒でゴールすると、うっすらと涙を浮かべた。
 1992年のバルセロナ五輪で銀、96年のアトランタ五輪でも銅を獲得した名ランナーだが、2007年の現役引退後はほとんど練習しておらず、不安を抱えていたという。20キロ付近で脚が止まり、「リタイアも頭をよぎった」が子どもらの声援を受け「前へ前へ」と走り続けた。「動かなかった脚が応援を受けて動き始めた。感謝しかない」
 さらに目に焼き付いたのは、同市南区藤田地区の田園風景や高低差17メートルの岡南大橋から見渡す市街地の遠景。「岡山の素晴らしい場所を見ることができた。最高の景色だった」と感慨深く振り返った。
 現役引退レースは、市民マラソンブームの火付け役となった第1回の東京マラソンだった。ランナーとスタッフ、沿道の強い一体感が心に残った。「岡山でもマラソンで地域を一つにしたい」。開催を県に提案。そして実現した今大会では、PR役のスペシャルアンバサダーを務め、コースの監修にも携わった。
 この日、全国から1万4千人ものランナーが集い、4300人のボランティアが支え、13万4千人が沿道を埋めた。「こんなにも岡山が一つになるとは思っていなかった。携わった人、すべての姿が圧巻だった」。次回以降にも目を向け「岡山の人に愛され、子どもに夢を与えられる大会になってほしい」と願いを口にした。
//////
「おかやまマラソン」続々ゴール

おかやま マラソン 048
 ( 奇跡のタイムのゴール 4時間32分1.0秒) 43210だ! )
おかやま マラソン 050
( 奇跡のタイムのゴール 4時間32分1.0秒) 43210だ! )


中四国最大規模となる「第1回おかやまマラソン」(実行委主催)は8日、岡山市内で全国約1万4千人が出場して開かれ、「フル」「ファンラン」の両部門で大勢のランナーが続々とゴールしている。
 フルマラソンは午前8時45分、ジップアリーナ岡山(同市北区いずみ町)前をスタート。カラフルなウエアを着たランナーたちが長い列をつくり、市街地中心部や自然豊かな干拓地、岡山城などをつなぐ日本陸連公認コースを思い思いのペースで走った。シティライトスタジアム(同所)では、トップを飾った三木啓貴選手(岡山陸協)をはじめ、ランナーたちが次々とゴール。秋の岡山路を駆け抜けてすがすがしい表情を見せていた。
 沿道では住民らが盛んに声援を送り、4300人を超える市民ボランティアも運営を支え、給水所などでサポートした。
おかやま マラソン 0050a

/////
男子は三木さん、女子は鈴木さんV



中四国最大規模となる「第1回おかやまマラソン」(実行委主催)は8日、岡山市内で行われ、フルマラソンは男子が三木啓貴さん(岡山陸協、2時間24分49秒)、女子は鈴木純子さん(三菱重工高砂、2時間53分39秒)が初優勝した。
 全国から集った約1万4千人のランナーが出場。フルマラソンは午前8時45分、大会実行委の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)の号砲で、ジップアリーナ岡山(同市北区いずみ町)前をスタート。カラフルなウエアを着たランナーたちが長い列をつくり、市街地中心部や自然豊かな干拓地、岡山城などをつなぐ日本陸連公認コースを思い思いのペースで走った。
 大会スペシャルアンバサダーを務める女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さん(同市出身)も参加。記録や順位のない4・5キロのファンランでは、愛好者らが桃太郎大通りなどでジョギングを楽しんだ。
 沿道では住民らが盛んに声援を送り、4300人を超える市民ボランティアも運営を支え、給水所などでサポートした。
/////
250人が出場 クロスカンパニー



 8日のおかやまマラソンでは、大会特別協賛のアパレルメーカー・クロスカンパニー(岡山市北区幸町)の社員ら男女約250人も出場した。
 岡山や東京、大阪、福岡といった全国の店舗と取引先から有志が参戦。フルマラソンに約200人、ファンランに約50人が臨んだ。自社製品のジャンパーやゲームのキャラクターの衣装に身を包み、スタート前には石川康晴社長(44)を囲んで気勢を上げた。
 フルマラソン終了後には完走者らが集まって記念撮影。自身もフルを完走した石川社長は「社員と一緒に走れて良かった。岡山にマラソン文化が根付くきっかけになってほしい」と話した。

/////
画像
おかやまマラソン 1万4千人熱走
/////
都市型マラソン大会、期待の産声
おかやま マラソン 002


おかやま マラソン 000


岡山に新たなビッグイベント誕生-。8日に岡山市で初開催された「おかやまマラソン」。中心市街地を駆ける1万4千人のランナーと、沿道の13万4千人が一体となり、街はかつてない熱気に包まれた。県民総参加とシティープロモーションの促進をうたい、「地域活性化の起爆剤」と期待される大会。記念すべき第1回は、大きな盛り上がりを見せた。
 「市中心部の大通りを走っている時はぞくぞくした。これぞシティーマラソンの醍醐味(だいごみ)」。倉敷市の会社員男性(22)はフィニッシュ後、顔を上気させた。市街地を発着するコースに、数千人-1万人超の参加者が集うのが「都市型」の大会。JR岡山駅前のビル街に、色とりどりのウエアを着たランナーの波がどこまでも続く光景が広がった。
 沿道の声援は42・195キロでほぼ絶えることがなかった。市南部の田園地帯や旭川沿いの土手にも人垣ができ、地域住民や子どもたちは最後尾のランナーが通過するまで声を張り上げた。大阪府箕面市の会社員男性(51)は「『岡山に来てくれてありがとう。頑張って』と言われて温かい気持ちになった。希薄だった岡山のイメージが明確になった」。
 ■
 大会は2011年に岡山県と岡山市の間で構想が浮上。「県民総参加で楽しめ、全国に情報発信できる大規模スポーツ大会」を目指し、盛り上がりや経済波及効果などの調査結果に基づき、駅伝や自転車レースなどとの比較で12年7月、マラソン大会に決まった。
 県都のメーンストリートを長時間規制する「難関」を超えようと、岡山陸協や県警などの交通管理者、地元企業などが少しずつ協力体制を整えた。途中、大幅なコース変更も余儀なくされたが、「全国からの参加者に少しでも満足してもらえるよう、ランナー目線を大切にした」と前実行委事務局長で、大会を所管する県環境文化部の大本裕志部長は振り返る。
 事業コストに対して数倍もの経済波及効果が見込まれることから、全国で新設が相次ぐマラソン大会。岡山県内への経済波及効果は14億円超(関西大・宮本勝浩名誉教授調べ)との試算もある。県総合グラウンド内で行われたイベント「マラソンEXPO(エキスポ)」には7、8の両日で計9万6千人が訪れるにぎわいを見せた。
 ■
 ランナーだけでなく、大会に関わる人の誰もが「主役」になれるのが、大規模マラソン。応援する人、ボランティアとして支える人全員が汗を流し、交流の輪が広がった。実行委の越宗孝昌会長(岡山陸協会長)は「人と人をつなげるスポーツの力をあらためて感じた。年に一度、岡山が一つになる大会として定着させたい」と力を込める。
 行政、財界、スポーツ団体などが一致団結して成功に結びつけた大会。さらなる発展につなげるため、岡山大地域総合研究センターの三村聡教授は「行政が敷いた枠組みをベースに、県民が真の意味で協働することが必要」とオール岡山の体制の必要性を強調する。

/////
おかやまマラソン 第1回に1万4400人
おかやま マラソン 01


◇沿道の声援13万人

 おかやまマラソンが8日、初めて開催され、中四国最大規模という約1万4400人のランナーが、岡山市内を駆け抜けた。あいにくの曇天の中、沿道には約13万人が詰めかけ、力走する参加者を励ました。



 心配された雨は、スタートの午前8時45分には上がり、ランナーは号砲とともにジップアリーナ岡山前から一斉に飛び出した。

 フルマラソンには約1万3900人が挑戦。バルセロナ五輪銀メダリストの有森裕子さんらと、市中心部を回り、国道30号を南下して岡南大橋を渡り、岡山後楽園を望みながら旭川沿いを北上。ファンランの約500人は、市役所までの4・5キロを疾走した。

 沿道には多くの市民が集まり、ゴールを目指すランナーに声援を送った。岡南大橋近くでは、浜中町内会が手作りの旗41本を振って応援。堀家彬宏会長(76)は「初めての大会を盛り上げようと話し合った。ずっと続いていくことを願っている」と話した。

 ランナーに栄養補給をしてもらう「給食」ポイントを7か所に設置。パンやまんじゅうなどのメーカーが、商品を提供した。

 「小豆島ラーメン」を味わった松山市の会社員村上由希子さん(33)は「疲れた体にしょうゆ味のスープがしみる。これで走り切ることができる」と声を弾ませた。5100食を用意した平田亮二社長は「『体が暖まる』『さらに10キロ走る力をもらった』という声を聞くことができ、協力して良かった」と語った。

 ゴールのシティライトスタジアム。男子は、岡山市出身の三木啓貴さん(23)が、フルマラソン初出場で優勝。「記念すべき第1回大会だけに、初代チャンピオンを狙っていた。疲れより喜びの方が大きい」と晴れやかに語った。

 女子は、兵庫県加古川市、会社員鈴木純子さん(44)が1位になり、「楽しみにしていた」という備前焼のメダルを手に、笑顔を見せた。

 165回目のフルマラソンを完走した大阪府和泉市、会社員景山亘さん(76)は「沿道の人の応援がすごく元気がよかった。1回目とは思えない盛り上がり」と驚いていた。

 思い思いの衣装やカツラを着けたランナーも。桃太郎をイメージした姿で、きびだんごを配りながら走った倉敷市徳芳、今城智憲さん(39)は「沿道の人とのふれあいが楽しかった。『桃太郎さん頑張って』という声が聞こえ、力が出た」と満足そうだった。

 運営を支えた約4000人のボランティア。岡山市北区表町、会社員山本康夫さん(50)はゴール地点で記録を渡す係を担当し、「完走してすがすがしい表情のランナーから『良い大会でした』と言われ、やりがいを感じた」と話していた。

/////
画像いろいろ
第1回おかやまマラソン ネットで高評価 岡山 1万4000人参加「風景も食べ物も堪能」

完走ランナーに充実感「おかやまマラソン」/ファンラン495人 思い思いに

グルメやステージ 岡山を満喫「おかやまマラソンEXPO(エキスポ)2015」/沿道で熱い声援 盛り上げへ一丸
/////
動画 車でコース紹介も!

おかやまマラソン あなたの完走支えたい /岡山駅前商店街 桃太郎市 11/8(日)*岡山マラソン同日開催
/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR