FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 岡山に新たなビッグイベント誕生! 第1回おかやまマラソン ネットで高評価

岡山に新たなビッグイベント誕生! 第1回おかやまマラソン ネットで高評価

google map ss
(第1回おかやまマラソン の 風景)

おかやま マラソン 01
(第1回おかやまマラソン の 風景)

おかやまマラソン ネットで高評価 岡山

スケッチ
岡山 おかやまマラソン 1万4千人熱走


8日に岡山市で初開催された「おかやまマラソン」が、ランニング専門サイトで早くも好評を博している。運営やコース設定などの採点で、94点(100点満点、9日午後9時現在)をマーク。絶え間なく続いた沿道応援や献身的なボランティアが称賛されている。
 サイトはマラソン雑誌を発行するアールビーズ社(東京)が運営するRUNNET(ランネット)。全国各地の大会に関する評価ページを設けており、大会情報▽会場の配置やアナウンス▽コース内容▽スタッフ・沿道応援の熱意-など24項目を4段階で評価する。
 おかやまマラソンは84人が採点し、全体の7割超の59人が95点以上、うち11人は100点。コメント欄には「沿道の応援が、折れそうになった心を何度も奮い立たせてくれた」「ボランティアが親切で岡山の人の温かみを感じた」など好意的な内容が並ぶ。このほか、初開催にもかかわらず、目立った混雑やトラブルがなかった大会運営も高い評価を受けている。
 大会実行委名誉会長でもある伊原木隆太岡山県知事は「実行委の各団体、ボランティア、13万人を超える沿道の県民が一体となって盛り上げることができたからだろう」と分析。第2回開催を望む声もある中、「さらに良い大会を目指し、スポンサーの意向を踏まえて準備を進めたい」とした。同名誉会長の大森雅夫岡山市長は「今後もマラソンを通じて、市民の健康づくりや地域活性化につなげたい」とのコメントを出した。

/////
第1回おかやまマラソン1万4000人参加 「風景も食べ物も堪能」
おかやま マラソン 001



第1回おかやまマラソンが8日、岡山市で開かれ、中四国で最大規模となる約1万4千人が参加した。秋の色が深まる岡山城や後楽園などの名所を巡るコースを、多くの観客の声援を受けて力走。フルマラソン完走者には、伝統工芸品の備前焼で作られたメダルが贈られた。

 実行委員会によると、中国や台湾、インドネシアなど海外8カ国・地域を含む1万5426人のエントリーがあり、1万3952人が出走。1万2412人が完走した。沿道では観客約13万4千人が応援した。途中、「おもてなし給食」として名産のきび団子などが配られ、徳島市から参加した会社員の男性(44)は「風景も食べ物も堪能できた」と満足そうだった。

 大会スペシャルアンバサダーの女子マラソン五輪メダリストで、地元出身の有森裕子さんも8年ぶりにフルマラソンに参加。4時間46分32秒のタイムで完走し「18キロでしんどくて、20キロでやめようと思った。他のランナーや沿道の声援に助けられた」と笑顔で話していた。

 一方、同日午前11時ごろ、21キロ付近を走っていた50代の男性が突然倒れ、心肺停止状態になった。大会のボランティアスタッフが自動体外式除細動器(AED)で救命処置をした。男性は病院に運ばれて意識を取り戻し、快方に向かっているという。

 実行委員会によると、コースの30キロまでは1キロごとに、それ以降は500メートルごとに、NPO法人「NPO救命おかやま」のスタッフがAEDを持って待機する態勢を取っていた。
 


/////
完走ランナーに充実感「おかやまマラソン」
おかやま マラソン 003


岡山市内で8日開かれた「おかやまマラソン」。市街地の道路を埋め尽くすランナーが、思い思いの目標に向かって駆け抜けた42・195キロ。ゴール後の声からは、それぞれのドラマが垣間見えた。
 「沿道の応援が今までのマラソンで一番すごかった。元気づけられながら走れたのが良かった」と言うのは、自己ベストの2時間42分23秒をマークし、男子22位に入った公務員岡崎圭さん(33)=岡山市中区。5歳と2歳の子どもがおり「いつかは一緒におかやまマラソンを走りたい」と新たな目標を見つけたという。
 3時間52分3秒で走り抜き、「サブフォー(4時間切り)」を達成したパート松原奈美さん(41)=津山市=は、ちょうど10度目のマラソン出場。「自己ベストを記録し、充実感でいっぱい」と笑顔を見せる。10年前にマラソンブームの高まりに影響され走り始め、「年々記録が伸びるのはうれしい。アップダウンが少なく、景色もきれいで走りやすかった」と満足そうだった。
 初めてフルマラソンに挑んだ人も多い。小学校教諭菊池はづきさん(23)=岡山市中区=は、社会人1年目の記念として初開催のこの大会に参加。ボランティアの手厚いサポートと教え子の応援に感謝しつつ「通勤しているルートを走ったが車からとは見える景色が全然違った。道路の真ん中を思いっ切り走り抜ける非日常感が気持ちいい」と5時間16分48秒で見事ゴールした。
 会社員太田裕介さん(52)=岡山市中区=も初マラソン。折り返しを過ぎ、両脚のふくらはぎに違和感が出たが、4時間49分53秒で完走。「ストレッチをしては走るの繰り返し。ゴールできるか不安だったが、ペースを落とし自分の走りを取り戻した。目標の4時間半を切ることはできなかったが、来年頑張りたい」
 視覚障害があるため伴走者とともに力走したのは、マッサージ治療院を営む三村晃慶さん(40)=岡山市北区。終盤に脚がけいれんしながらも4時間21分7秒でゴールラインを通過。過去3度のマラソンで棄権も経験していたが「『必ず完走する』との強い思いで走り抜いた。沿道から聞こえる切れ目ない応援に勇気づけられた。走れることに感謝したい」と振り返った。
 会社員平井陽子さん(48)=岡山市南区=は6時間の制限時間ぴったりでフィニッシュ。脚の故障を抱え、4時間20分台の自己ベストから大きく遅れたが「第1回の記念すべき大会なので絶対にゴールして、完走メダルをもらいたかった」とほっとした表情。他県でのレース経験もあり「沿道の応援、コースも全国に誇れる大会」と地元に誕生したビッグイベントにうれしそうだった。
/////
ファンラン495人 思い思いに「おかやまマラソン」

岡山市内で8日開かれた「おかやまマラソン」で、タイムを競わないファンラン(4・5キロ)には495人(男性231人、女性264人)が参加し、思い思いのペースで岡山市街地を駆け抜けた。大会アンバサダーの山口衛里さんも出場し、ゴールの岡山市役所では出場者の笑顔が広がった。
 フルマラソンに続いて城下筋、桃太郎大通りなどを巡ったファンラン。「車道を走りながらだと見慣れた街中の風景も新鮮だった。マンションの上階から手を振ってくれる人もいた」と、夫婦で出場した同市、会社員男性(28)、看護師女性(30)は喜んだ。
 仮装したランナーも多く、ビールジョッキのかぶり物をした井原市、会社員女性(42)は「『あの一杯を』と周りの励みになればと思った。自分が楽しみ、見ている人も楽しませたかった」と笑顔を見せた。
 山口さんは最後尾からスタートし、ハイタッチを交わすなどして他のランナーを元気づけながら走った。「約1万4千人がスタートラインに立った姿は圧巻。沿道の応援も素晴らしかった」と、岡山で新たに生まれた大会に感激した様子だった。

/////
仮装したランナー

クリスマスも仮装しようよ!
秋といえば・・最近は ハロウィン 岡山県(岡山市 倉敷市など)は? イベント 仮装パレードなど

仮装して応援する市民も・・・
仮装 コスプレの分類

( 来年は、何で応援する? )

/////
グルメやステージ 岡山を満喫「おかやまマラソンEXPO(エキスポ)2015」



シティライトスタジアム前広場(岡山市北区いずみ町)で8日、全国から訪れたランナーに岡山の魅力を発信する「おかやまマラソンEXPO(エキスポ)2015」が7日に続き開かれた。ご当地グルメの飲食コーナーや多彩なステージがあり、約6万5000人(同マラソン実行委発表)でにぎわった。
 県内の企業など計80団体がブースを設け、津山ホルモンうどんや美咲町のたまごかけご飯といった地域自慢の料理、きびだんごなどの銘菓を販売。県内の市町は特産品を販売し、観光パンフレットも配って地元をPRした。特設ステージでは、県内の高校生や小学生らがダンスやうらじゃ踊りなどを披露した。
 会場にはゴール後のランナーや応援の家族らが詰め掛け、グルメを味わったり、土産物を品定めしたりした。ステージの出演者と来場者がうらじゃの総踊りで一緒に盛り上がる場面もあった。
 真庭市の主婦(30)は「おいしい食べ物をはじめ盛りだくさんの内容。県外の人にも岡山の良さが伝わったはず」と話した。
 山陽新聞社も一角にコーナーを開設。大会の詳細を載せた9日付朝刊や号外などを組み合わせた「記念新聞セット」の注文を受け付け、県外ランナーを中心に人気を集めた。
/////
沿道で熱い声援 盛り上げへ一丸「おかやまマラソン」
okayama マラソン ボランティア
(第1回おかやまマラソン ボランティア)

google map
(第1回おかやまマラソン の コース)


岡山市内で8日初開催された「おかやまマラソン」は中四国最大規模を誇る大会。主役はランナーだけでなく、コース沿いに集まった市民も温かい声援で選手の背中を後押しし、水や食事の補給では多くの市民ボランティアが活躍した。「走る」「見る」「支える」?。さまざまな立場の参加者が一つになって初のスポーツイベントを盛り上げた。就実中・高前
 スタートして約2キロ。岡山市北区弓之町、就実中学・高校付近では車道がランナーでぎっしり埋まり、沿道から「すごい」の声。ダンスパフォーマンスを披露した就実高2年女子(17)は「ランナーが手拍子してくれて楽しかった」。親子で応援した給食調理員女性(56)=同市中区=は「走っていなくても参加した気分」と喜んだ。市役所筋
 
 
 
 まだまだ序盤。岡山市中心部の市役所筋では「行ってらっしゃい」と沿道の市民がランナーを送り出す声援。職場近くで応援した会社員女性(62)=同市北区=は「大勢の人が走っていく姿は見応えがあり元気が出る」。給水所でランナーを支えた会社員男性(43)=同=は「ドリンクを渡すと『ありがとう』と声を掛けられた。ランナーと一緒に大会を盛り上げられた」。藤田
 
 
 
 
 
 13・2キロ地点の岡山市南区藤田のホームセンター近くでは、興陽高和太鼓部と吹奏楽部が力強く共演。2年男子(16)は「ランナーが手を振ってくれて逆に元気をもらった。支え合い、みんなでつくる大会だと思った」と感激を分かち合った。沿道で「Nice
 Run!!」と書いたボードを掲げたのは同市の自営業女性(37)。「外国人にも応援メッセージを届けたいと思って」西紅陽台
 
 
 
 いよいよ折り返し。岡山市南区西紅陽台では、地元町内会が用意した小旗を振りながら「あと半分」とエール。灘崎小6年女子(12)は「苦しそうでも声援に応えて走る姿が格好いい」。抽選に漏れて出走できなかった会社役員男性(48)=同市北区=は17キロすぎの給水所でボランティア。「第1回大会に何らかの形で関わりたかった。来年はランナーで参加したい」と意欲を見せた。浦安総合公園
 
 25キロを過ぎた岡山市南区浦安西町の浦安総合公園では、芳泉高の生徒約100人がきびだんごなどで迎えた。2年女子(17)は「みんな笑顔で食べてくれてうれしい。食べ物でも岡山を好きになってもらえたら」とにっこり。沿道では歩く選手にも「もう少し」「踏ん張れ」と声が飛び、同市の女性(76)は「このままゴールまで突き進んで」と祈るように話した。岡南大橋
 
 
 
 30キロすぎで待ち構える高低差17メートルの難所・岡南大橋。疲労で歩き出す選手も多く、家族連れらが「もうすぐ頂上」「ファイト」と励ました。声を振り絞り続けた会社員女性(37)=岡山市中区=は「急な坂を懸命に走る選手に感激した」。橋を渡り終えた給食ポイントでは全国でも珍しいラーメンが振る舞われ、ランナーの高松市、男性(71)は「疲れた時にエネルギー補給できた。最後まで走れそう」と笑顔を見せた。旭川沿い
岡山マラソン 岡山 ラーメン
(全国でも珍しいラーメンが振る舞われた)

 
 
 ゴールも間近。37キロすぎの東山中(岡山市中区御幸町)前では、同中吹奏楽部約20人が「負けないで」などの演奏で終盤の選手を後押し。2年女子(14)は「しんどい地点。曲を聴いてもう一息、力が出せるよう気持ちを込めた」。岡山城に近い市福祉文化会館(同小橋町)前でもボランティアの高校生らが「あと少し」と大きな声援。山陽女子高1年女子(15)は「最後の一人までエールを届けたい」と声をからしていた。

おかやまマラソン あなたの完走支えたい /岡山駅前商店街 桃太郎市 11/8(日)*岡山マラソン同日開催
(車でコース紹介も)

/////
画像いろいろ

「おかやまマラソン」スタート 岡山 / 有森、山口さん 走者にエール

おかやまマラソン 1万4千人熱走

有森さん 8年ぶり完走「感無量」 おかやまマラソン
/////
<おかやまマラソン>1万3952人、秋の街駆け抜け /岡山




「第1回おかやまマラソン」が8日、岡山市内の日本陸連公認コースで開催された。フルマラソン(42・195キロ)には1万3952人が参加。スタート時まで残った雨も上がり、沿道からの盛んな応援を受けながら、ランナーたちは思い思いのスピードで秋深まる街を駆け抜けた。

 午前8時45分に北区のジップアリーナ岡山前を一斉にスタート。桃太郎大通りや市役所筋はランナーで埋め尽くされた。約4300人のボランティアが給水所などでランナーをサポートした。

 フルマラソン参加者のうち1万2412人が完走。制限時間(6時間)内に完走した人には備前焼の特製メダルが贈られた。大会スペシャルアンバサダー(特別大使)で、岡山市出身の五輪メダリスト、有森裕子さんもフルマラソンに参加し、完走を果たした。

 一方、最大で7時間半にわたって交通規制が実施されたが、一部区間で渋滞があっただけで、大きな混乱はなかった。

 ◇自閉症の会社員、父と共に完走 赤磐・鳥羽さん

 重度の知的障害を伴う自閉症と闘う赤磐市の会社員、鳥羽哲平さん(27)が、父の俊郎さん(64)とフルマラソンに参加。哲平さんは4年ぶりの「フル」だったが、3時間8秒の好タイムでフィニッシュした。

 2012年に自転車で通勤途中に車にはねられ、今回、再起を期しての挑戦だった。3時間以内の「サブスリー」は惜しくもかなわなかったが、哲平さんは「完走できて良かった」と走り終えた後は満面の笑みだった。

 一方、フル初挑戦の俊郎さんは制限時間ぎりぎりの5時間58分32秒で完走。「哲平が待っていると信じて力を出した」と喜んだ。

 親子でフルマラソンを走るのは今回が初めて。哲平さんは、米ハワイで開かれるホノルルマラソンを走ることを夢見る。俊郎さんは「また親子で走れたら。この大会で男同士の良い付き合いになれたと思うとうれしい」と話していた。

 ◇大会をサポート「次回は車椅子で」 中区・富家さん

 車椅子でのフルマラソン参加を訴えている中区高島2の無職、富家優さん(22)が、記録証発行のボランティアをして大会をサポートした。

 脳性まひで、中学生で車椅子生活を始め、県内外の約10大会の車椅子部門に出場してきた。車椅子の出場枠がない今大会は、参加者が完走後に持ち帰る記録証の発行を手伝い、「記録証を受け取った時の達成感はすごい。車椅子の人を含む全ての人が一緒に汗を流せる大会になって」と願った。

 ◇大会中救急搬送ランナーは20人 400人態勢で救護

 大会の実行委員会などによると、フルマラソンに参加していた50代の男性ランナーが8日午前11時ごろ、21キロ付近で一時心肺停止状態となったが、救護スタッフが自動体外式除細動器(AED)で救命措置を施した結果、意識を取り戻した。男性は病院に運ばれ、その日のうちに帰宅したという。

 ランナーの体調不良に備え医師や看護師ら約400人のスタッフが救護所などで待機し、AEDは約70台が用意されていた。今大会で救急搬送されたランナーは20人だったという。

………………………………………………………………………………………………………

 ◇本紙記者も熱走

 おかやまマラソンには、毎日新聞岡山支局から原田悠自記者(28)と林田奈々記者(22)が出場し、ともに完走した。2人が走った感想などをつづった。

 ◇沿道からの声援力に

 序盤、桃太郎大通りなどの広い通りを走るのは爽快で、自然とペースは上がった。10キロを過ぎると視界が開け、田園風景も美しい。中盤までは景色も楽しめるほど順調だった。

 ところが、25キロ前後から違和感を覚え始めた。太ももがつり、ストレッチをして走り出す苦しい時間帯が続いた。高低差17メートルの最大の難所、岡南大橋がある30キロ地点では首や腰にも痛みがあった。「自分に負けるな」との沿道の声が耳に止まり、必死に腕を振った。

 次第に中心街が見えてくると、気持ちが和らいだ。給水・給食などボランティアの助けや沿道の温かい声援に奮い立たされ、5時間以内の目標を達成できた。マラソンの醍醐味(だいごみ)を実感できた。

 ◇ランナー全員が主役

 学生時代にトライアスロンをしていて体力はある方だが、1週間前から体調を崩し、不安を抱えて走り始めた。「1キロ5分」を目標にしたが、力が入らずリズムに乗れない。前半、何度も足が止まった。そこに沿道からの「頑張れ」の声。気付くと、周りのランナーたちは「走る喜び」にあふれているようだった。「楽しくやろう」。そう決めてからは沿道の応援も耳に入るようになり、ハイタッチで元気をもらう。給水所でお世話になった多くのボランティアにも力をもらった。

 あちこちが痛かったが、最後まで続く応援に押され、ぎりぎり4時間を切って完走できた。ランナー一人一人を主役にしてくれる、すばらしい大会だと思った。
おかやまマラソン メダル

/////
山陽新聞 休刊日に 発刊
(第1回おかやまマラソン 山陽新聞 本来は休刊日に!)

/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR