FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 瀬戸内国際芸術祭が開幕

瀬戸内国際芸術祭が開幕

瀬戸内国際芸術祭 香川

瀬戸内国際芸術祭の記事一覧 香川

 瀬戸内海に浮かぶ香川、岡山両県の島々を現代アートで彩る「瀬戸内国際芸術祭
 2016」が20日、開幕した。3回目の今回は、34の国と地域から計226組のアーティストが参加。春、夏、秋の3シーズン計108日間の会期中、才気あふれるアーティストたちの個性豊かな作品が観光客を楽しませる。
 2010、13年に続く今回は、12の島と2つの港が舞台。春会期は4月17日までで、香川側が直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島、高松港の8会場、岡山側が岡山市・犬島、玉野市宇野港の2会場。各会場とも見どころ満載で、このうち豊島では芸術祭初参加の世界的アーティストのスプツニ子!さんが、神話と科学の融合を試みる「豊島八百万(やおよろず)ラボ」を展開する。
 初日は高松市のサンポート高松で午前10時半から開会式が開かれ、アーティストや各国大使館の関係者ら約500人が出席。あいさつで、実行委員会会長の浜田恵造香川県知事は「すばらしい作品と瀬戸内海の自然、文化を堪能してください」と呼び掛け、総合プロデューサーの福武總一郎氏が「アートがいかに地域を元気づけるかを、瀬戸内海から発信したい」と意気込みを語った。

//////
瀬戸内国際芸術祭 岡山

瀬戸内国際芸術祭の記事一覧 岡山
//////
参考
//////

戸内国際芸術祭、高松港で108日間の幕開け


瀬戸内海の島々を舞台にした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が20日、開幕した。

 春季(4月17日まで)、夏季(7月18日?9月4日)、秋季(10月8日?11月6日)に分けて計108日間、作品展示やダンスなどのイベントが行われる。

 3年に1度開催。3回目の今回は、12の島々と高松港(高松市)、宇野港(岡山県玉野市)で、「地域文化の独自性発信」などをテーマに34か国・地域から226組の作家が参加。ファッションデザイナーのコシノジュンコさんも出品する。

 高松港で開かれた開会式では、南方から漂着した植物の種をモチーフにした作品「国境を越えて・海」(高さ10メートル)などを前に、獅子舞や太鼓、三味線のパフォーマンスが披露された。
///////
瀬戸芸のアート求めファン続々

20日開幕した「瀬戸内国際芸術祭2016」は好天に恵まれた連休の中日とあり、地元岡山、香川県はもちろん、国内外のアートファンらが会場の島々へ続々繰り出した。豊かな自然の中にアート作品が点在するさまは、さながら現代の“桃源郷”。島の人たちの温かい人情に触れながら、ゆったりしたひとときを満喫した。
 3回目を迎え、知名度が浸透した今回は初日から、各会場は大にぎわい。岡山市・犬島では、宝伝港を午前11時に出る定期船(定員80人)に約200人が並び、ピストン輸送状態に。船が入港するたび、地元の山南中吹奏楽部19人が演奏で盛り上げ、町内会の女性たちが手作りの紅・白・よもぎもちを配って歓迎した。メンバーの女性(69)は「回を重ね飽きられないか心配したが、前回より人が多い印象。いろんな人に出会うのが楽しみ」と顔をほころばせた。
 玉野市・宇野港では、市民ら約90人が海を背景にタップダンスを披露。岡山県西粟倉村から参加した会社員男性(28)は「いろんな島が一つになる芸術祭。力を合わせればいいパフォーマンスができることを証明したい」と力を込めた。
 島に渡った人たちは早速、お目当ての作品へ向かった。初めて犬島を訪れた大阪府吹田市の会社員男性(29)は「アートが島の自然や生活に溶け込んでいた。こんな地域で暮らすのはどんな気分だろう」。“現代アートの聖地”直島(香川県直島町)は、外国人の姿も目立った。中国から訪れた観光客(28)は、宮浦港のランドマーク「赤かぼちゃ」前で記念撮影。「東京や大阪のショッピングも魅力だけど、これは心に残る体験。日本のイメージが変わった」と声を弾ませた。
 予想を超える人出に一部で混乱も。世界的アーティスト・スプツニ子!さんの新作などで注目される豊島(香川県土庄町)は、宇野港との間の旅客船が定員を超え、行き先を変更したり、後続を待つ人が続出。豊島美術館も一時、百数十人の列ができた。女木島(高松市)から高松港へ向かうフェリー(定員250人)の最終便は約120人が積み残され、臨時便を出した。
 瀬戸内国際芸術祭実行委は「島から帰れない人が出ないよう、万全の対応をしていく」としている。

/////

島巡りのお供に特製弁当はいかが? 瀬戸内国際芸術祭向け

20日開幕の「瀬戸内国際芸術祭2016」の会場となる岡山県玉野市の宇野港で、地元食材を使った期間限定の弁当を販売。同港は同芸術祭で、直島など香川県の会場への本州側の起点となり、企画した同市のスイーツ専門店「おまち堂 宇野港店」は「船旅のお供にもどうぞ」とPRしている。

 弁当は土・日曜に販売される「うのののり弁」(760円)と、木・金曜に販売される「SAMURAIおむすび」(400円)の2種類。いずれもご飯は同市が空き農地対策で栽培している雑穀入り。

 「うのののり弁」は、ご飯をイチゴのピューレでほんのり赤く染め、地元産シタビラメのフライや焼きのりなどが入る。季節の野菜のソテーや漬物、ハッサクのあんを使ったおはぎなども付け合わせている。

 「SAMURAIおむすび」は焼きアナゴ、大豆入りの2個入り。

 弁当は同店の武田万実店長(39)が「島嶼(とうしょ)部の会場には飲食店数も限られ、その補完に役立てば」と発案。市と相談して「玉野らしさを出すには」と内容に工夫をこらした。

 取り扱い先の一つ宇野港のインフォメーションセンターに勤める八谷澪さん(24)は「色彩バランスが良く、いかにも芸術祭向け。しっかりお客さまにお勧めしたい」と太鼓判を押していた。

 弁当は同店やJR宇野駅で販売される。問い合わせは同店(080・1914・0301)。


//////
岡山、香川両県の島々を舞台にした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」(同実行委主催)が20日開幕した。3回目となる今年は12島14会場、春・夏・秋の3会期のスタイルを踏襲しつつ、参加アーティストは前回の200組を上回る。「海の復権」に向け、グレードアップする芸術祭の魅力について、実行委の北川フラム総合ディレクターに聞いた。
 
 ◇
 
 美しいものを見る「観光」から、幸せを感じる「感幸」になりたいというのが芸術祭の出発点。アートによって島の特色を明らかにしようとしてきたが、実際、船に乗って会場の島々を巡り、島ごとに違う文化に出合った驚きがリピーターを呼び込み、93万人、107万人という過去2回の来場者数につながったと思う。
 来場者アンケートによると、島の人と話したり、島の行事に参加したり、ただ見るだけでなく体験に感動した人が多かった。アート作品や島の美しさだけでなく、都市住民が地方を求めて動く底流に合致したと考えている。
 これまでになく高まっているのが海外からの関心。アジア各国は、地域振興のモデルとして期待している。欧米は自己実現を目指す20世紀型のアートではなく、地球環境時代の新たなアートのあり方として注目しているようだ。
 今回は来場者数の目標を掲げない。前回並みで十分。それより体験の質を高めたいと考えている。特に力を入れるのは、アジアとの交流と食だ。
 瀬戸内と海でつながるアジアとは、もっと付き合いを深めないといけない。前回、小豆島の廃校を改装した「福武ハウス」、夏の高松港に開設する「瀬戸内アジア村」を拠点に、各地の生活文化などを紹介するとともに、それぞれの島にも大道芸やダンスなどパフォーミングアーツを派遣して、島の人たちに国際交流を楽しんでもらいたい。
 食は瀬戸内の一番の魅力。伊吹島のイリコなど地元の食材を面白い形で出そうとする動きが出てきている。レストランばかりでなく、手軽な弁当として提供する準備も進めており、ぜひ島ならではの味を楽しんでほしい。
 芸術祭は3年に1回のお祭りのように見えるかもしれないが、その間も私たちは日常的に島に入り、道普請から文化祭まで人々の縁を結んできた。島のおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔、一生懸命生きてきた誇りを、ぜひ現地で感じてほしい。



///////
参考
///////
アートの島に楽しさ、驚き、興奮 <瀬戸内国際芸術祭> 岡山


春の陽光に照らされ瀬戸内海の島々にアートの花が開いた。20日開幕した「瀬戸内国際芸術祭2016」は天候にも恵まれ、大にぎわい。あちこちで楽しさ、驚き、興奮が生まれた。
 朝早くからカメラを手にした家族連れ、カップル、外国人旅行者らが海を渡っていく。島々では魅力たっぷりの作品たちと、島民やボランティアがお出迎え。笑顔の輪が広がった。春会期は4月17日まで。さあ、アートを巡る旅に出掛けよう。

//////

<瀬戸内国際芸術祭>開幕 島など舞台に226組が参加

香川、岡山両県の12の島などが舞台の現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が20日、開幕した。3年ごとの開催で3回目。34の国・地域から226組のアーティストが参加(開幕時点)する。

 会期は▽春=20日?4月17日▽夏=7月18日?9月4日▽秋=10月8日?11月6日??の計108日間。前回は107万人が訪れた。

 瀬戸大橋近くの沙弥島(香川県坂出市)では、地元の漁師らと編んだ漁網を使った「そらあみ<島巡り>」などを展示。虹のように豊かな色彩が、島に人々をいざなう懸け橋になる。

//////

<瀬戸内国際芸術祭>3年ぶり、アートの祭典開幕 /岡山

 「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まった20日、サンポート高松(高松市)や沙弥島(香川県坂出市)、宇野港(玉野市)などではセレモニーなどが行われ、3年ぶりの現代アートの祭典の開幕を盛り上げた。港からは人々を満載した船が会場となる島々に向けて次々と出航。瀬戸内海はアート一色となった。

 高松市のサンポート高松で開かれた開会式では、獅子舞演舞などオープニングアトラクションがあった。芸術祭実行委会長の浜田恵造・香川県知事は「みんなで楽しみましょう」と開会宣言。メタルテープが多数吹き上がり、大きな歓声と拍手が巻き起こった。

 坂出市の沙弥島会場であったオープニングセレモニーでは与島地区の5島の住民たちが、各島の伝統芸能を来場者らに披露。小中学生が「子ども獅子」を勇壮に舞い、大きな歓声が上がった。

 また、会場には、部屋一面の塩に特産の金時ニンジンを置いた作品や、広場に小山を造成した作品などユニークなものが並んだ。

 松山市から家族で訪れた医師、沢田直哉さん(40)は「美術館で見る作品と違い、自然の中にあるのが良い。自然と調和していて、見ていて楽しい」と話していた。

 ◇直接触れる作品も 玉野・宇野港周辺にオブジェ

 瀬戸内国際芸術祭の会場の一つである玉野市の宇野港周辺でも、放置自転車を使用したアートやオブジェなどが展示され、訪れた人たちの興味をひいていた。

 岡山市在住のファッションデザイナー、山本哲也さん(42)が手掛けたインスタレーション(空間芸術)作品「哲子の部屋」では、布製の絵の一部を取り外すと女性服になる「絵になる服」や、ゾウの体の一部を模した「動物の服」といった奇抜な衣類や靴など約40点が並んだ。山本さんによると、展示品の一部は会場で試着することも可能だという。

 山本さんは「実際に作品に触れてみてもらうことで、作品への理解がより深まるはず」と話している。

//////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR