FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# 路面電車乗り入れ「平面案最適」 岡山

路面電車乗り入れ「平面案最適」 岡山

日本政策投資銀行は14日、公共交通の利便性向上策をまとめた報告書を公表した。空洞化など都市が抱える問題を解決するため、要となる交通結節点の改善に着目して全国の実施事例を紹介。議論が進められているJR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ計画も取り上げ、平面案の採用が最適と提言した。
 報告書では、地域の中核となっているJR駅に路面電車乗り入れを行った富山駅(富山市、2015年)、横川駅(広島市、03年)などを現地調査。各地の実績と対比しながら岡山駅の事例を分析した。
 富山では路面電車が駅舎内などに乗り入れた後、路面電車2社の利用者が約9?15%増加。横川は駅前広場乗り入れ後、路面電車が約160%、JRも約20%アップした。両駅を含め国内の結節点改善では多くが駅舎や広場へ路面電車を平面方式で乗り入れており、高架や地下、歩行者デッキ建設など複数方式から検討された岡山でも上下移動がなく、乗り換え距離の短い平面方式が最適とした。
 周辺商店街のにぎわいへの影響について、富山は市中心部を訪れる人の滞在時間、消費単価がともに増加し、横川も周辺商店街の売り上げがアップしたことを紹介。岡山でも周辺商店街への来街者が増し、滞在時間の延長や消費単価増といった経済的メリットが期待できるとした。乗り入れに伴う周辺渋滞は先行事例では発生していないと指摘した。
 表町商店街の再生では結節点改良で岡山駅との連携を強め、動線を強化することが鍵を握るとした。
 同銀行岡山事務所は「人口減少、高齢化が進む都市の課題を解決するためには公共交通の強化が欠かせない。路面電車を乗りやすく便利にすることでまちの活性化に役立つ」としている。
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR