FC2ブログ

# 世界に目を向けグローバル GPS 岡山県を中心にグローカル 366 APS

# ファジアーノ岡山 J!に行けるか? ファジ劇的勝利にPVでも大歓声 イオンモール岡山  (ファジアーノ岡山が初のJ1昇格プレーオフ)

ファジアーノ岡山 J!に行けるか? ファジ劇的勝利にPVでも大歓声 イオンモール岡山  (ファジアーノ岡山が初のJ1昇格プレーオフ)

ファジのJ1昇格 Cスタで応援を  ファジアーノ岡山 VS C大阪

ファジアーノ岡山が初のJ1昇格プレーオフに臨んだ27日、チームなど主催のパブリックビューイング(PV)が岡山市内3カ所であり、サポーターがモニターに向かって声をからした。終了間際、劇的な勝利を決めると、拳を突き上げ、喜びを爆発させた。 同市北区下石井のイオンモール岡山では、施設内の通路などにある計52のモニターで試合を放映。1階広場「未来スクエア」の大型モニター(300インチ)前には約1500人(主催者発表)が集まった。 前半23分、1点を先制すると、会場のあちこちから「よっしゃー」「いいぞ」と歓声。後半、同点に追い付かれた際は大きなため息が漏れたが、勝ち越しゴールが決まると、大歓声とともに立ち上がり、ハイタッチを交わしたり抱き合ったりして喜びを分かち合った。 同市南区、会社員男性(52)は「アウェーで雨天にもかかわらず、最高のプレーを見せてくれた。この調子で決勝も勝利し、J1に昇格できると信じている」と話した。 PVは岡山コンベンションセンター(同市北区駅元町)、奉還町りぶら(同奉還町)でも開かれた。

////
劇的ゴール J1王手

サッカー・J2のファジアーノ岡山がJ1昇格に王手をかけた。27日、長野県松本市のアルウィン(長野県松本平広域公園総合球技場)で行われたJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝で、松本山雅FCと対戦。引き分けでも敗退という条件の中、アディショナルタイムのゴールで2―1とし、劇的な勝利を飾った。決勝の相手はセレッソ大阪で、12月4日にキンチョウスタジアム(大阪市東住吉区)で対戦する。

 今季の対戦成績は岡山が1勝1分けと上回ったが、リーグ戦の結果は松本が3位、岡山が6位。POでは引き分けの場合、リーグ戦上位のチームが勝者となる。

 勝利しか決勝進出の道がない岡山は23分、電光石火のカウンターを見せた。ディフェンスラインからピッチ中央付近に出されたロングパスを、FW赤嶺真吾選手が頭でつないで前線へ。走り込んだFW押谷祐樹選手がDFを振り切り、右足でゴールを決めた。

 後半は立て続けにシュートを浴び、74分にはコーナーキックからヘディングシュートを決められ同点に。そのまま後半のアディショナルタイムに入り、引き分けでの敗退がよぎったが、FW豊川雄太選手がゴール前につないだボールを、赤嶺選手が「冷静にGKの動きを見ることが出来た」と押し込み、勝利をもぎ取った。

 試合後の会見で長沢徹監督は「決勝で勝たなければこの勝利の意味がない。岡山に帰ってあと1週間、しっかり準備したい」と気を引き締めた。

 雨が降る中、スタンドには約1200人のサポーターが詰めかけた。岡山市北区平田、会社役員岡田公治さん(60)は「攻め込まれた後半を1点でしのいだことが劇的な勝利につながった。決勝もきっとやってくれるはず」と声を弾ませていた。

 県内のサポーターも勝利に沸いた。イオンモール岡山(岡山市北区)でのパブリックビューイング(PV)では約1200人のサポーターが観戦。市立藤田中1年金子晃大君(13)は「勝ち越した時は感動した。来週は大阪に行って直接応援したい」と話した。


////
岡山 ファジアーノに声援 PVに1600人

アウェーで松本山雅FCと戦うファジアーノ岡山の選手たちを後押ししようと、岡山市内の3カ所でパブリックビューイングが開かれ、計約1600人のサポーターが熱い声援を送った。

 岡山市北区のイオンモール岡山では、1階の未来スクエアに会場が設けられ、立ち見も含めて約1200人が大型画面で試合を見守った。同点で迎えた後半のアディショナルタイムに、赤嶺真吾選手が勝ち越しの追加点を挙げると、観客たちは歓声を上げ、隣の人たちとハイタッチを繰り返した。

 岡山市内のパート従業員峯山ゆかりさん(44)は「同点になって気が気じゃなかったが、アディショナルタイムにゴールが決まってうれしくて涙が出た。このままの勢いでJ1に行ってほしい」。岡山市内の会社員吉田政和さん(40)は「最後までドキドキした試合だった。勝ててよかったです」と喜んでいた。(
////
参考

ファジアーノ岡山、昇格かけてC大阪と決勝 昇格へ夢つなぐ1勝

ファジアーノ岡山、昇格かけてC大阪と決勝

J1昇格プレーオフ準決勝(27日・長野県松本平広域公園総合球技場ほか=2試合)プレーオフ(PO)初出場の6位ファジアーノ岡山はアウェーで3位松本を2-1で下し、決勝進出を決めた。昇格の最後の1枠をかけ、12月4日に大阪市のキンチョウスタジアムで4位C大阪と対戦する。 ファジアーノは前半23分、FW押谷のゴールで先制するも後半29分に同点に。しかし後半ロスタイム、FW赤嶺が劇的な決勝点を挙げた。2014年以来のJ1を目指すC大阪は、5位京都に終盤追い付かれ1-1で終わったものの、引き分けの場合はシーズン上位のクラブが勝者となる規定により突破した。▽J1昇格プレーオフ準決勝岡山2-1松本前半1-0後半1-1 

【評】ファジアーノ岡山は劇的な勝利を飾った。1-1で迎えた後半ロスタイム、FW豊川が頭でつないだボールをFW赤嶺が落ち着いて流し込んだ。パワープレーが最終盤に実った。守っては相手のロングボール主体の攻撃に苦しんだものの、守備陣が体を張ってはね返し、CKからの1失点でしのいだ。前半23分、カウンターからFW押谷のゴールで先制できたのも大きかった。 松本はファジアーノを9本上回る19本のシュートを放つなど押し込む場面が多かったが、最後に力尽きた。

/////

4位C大阪と6位岡山が決勝へ…J1昇格の残り1枠をかけて来月4日に激突

J1昇格プレーオフの準決勝が27日に行われ、勝利したセレッソ大阪とファジアーノ岡山が決勝進出を決めた。なお、決勝戦はリーグ戦上位のC大阪の本拠地キンチョウスタジアムで12月4日に行われる。

 J2リーグ3位の松本山雅FCはホームに同6位の岡山を迎えた。前半23分にFW押谷祐樹がゴールを決め、敵地・岡山が先制すると、松本も後半29分にMFパウリーニョのゴールで同点に追いつく。しかし、後半アディショナルタイム2分にFW赤嶺真吾に勝ち越しゴールを決め、6位の岡山が2-1で勝利し、決勝進出を決めた。

 一方、J2リーグ4位のC大阪は、同5位の京都サンガF.C.と対戦した。C大阪は前半13分にエースFW柿谷曜一朗の鮮やかループで先制したが、後半45分にFW有田光希に同点を許し、1-1でタイムアップ。それでもレギュレーションにより、年間順位が上位のC大阪が2年連続で決勝進出を決めた。

 以下、J1昇格プレーオフ準決勝結果と決勝日程

【準決勝】
11月27日(日)
松本 1-2 岡山 [松本]
C大阪 1-1 京都 [金鳥スタ]

【決勝】
12月4日(日)
C大阪 15:35 岡山 [金鳥スタ]


/////
ファジアーノ岡山、J1に王手


サッカーJ2ファジアーノ岡山は27日、長野県松本市の松本平広域公園総合球技場で行われたJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝で松本を2-1で下し、決勝に駒を進めた。2004年のクラブ誕生から13年目で悲願のJ1昇格に「あと1勝」とした。 J1最後の1枠を争うPOに初めて臨んだリーグ6位のファジアーノは前半23分、カウンターからFW押谷のゴールで幸先良く先制したが、後半29分にCKから同点に追い付かれた。3位の松本に対し、引き分けのままでは敗退となる後半ロスタイム、パワープレーからFW赤嶺が勝ち越しゴールを決め、劇的勝利を収めた。 敵地にもかかわらずスタジアムには熱狂的な岡山サポーター約1200人が詰め掛けた。雨の中、旗を振ったり、声を張り上げたりしながら選手たちを鼓舞し、試合終了間際に生まれた決勝ゴールにスタンドは興奮の渦に包まれた。 PO決勝は12月4日、キンチョウスタジアム(大阪市)であり、ファジアーノはC大阪(リーグ3位)と対戦。勝てばJ1昇格が決まる。
////
岡山 昇格へ夢つなぐ1勝 ファジアーノ岡山



 劇的な勝ち越しでJ1昇格に一歩前進した――。サッカーJ2のファジアーノ岡山(J2リーグ6位)は27日、松本平広域公園総合球技場(長野県松本市)で、クラブ史上初となるJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝に出場。降りしきる雨の中、試合終了間際に1点を挙げ、格上の松本山雅FC(同3位)に2―1で勝利した。

 岡山は前半立ち上がりから、松本の猛攻を受け、厳しい状況が続いた。しかし前半23分、FW赤嶺のヘディングでのパスをFW押谷が右足で合わせ、先制点を挙げた。「うまく耐えれば、カウンターでチャンスが来ると思っていた」と押谷。

 後半、松本は果敢にゴールを狙い、29分にはセットプレーから相手MFにヘディングで決められ、同点に追いつかれる。引き分ければ、J1への道が消える。大型モニターにはアディショナルタイムが4分と表示された。最後の力を振り絞る両チーム。延長2分、FW豊川が頭で落としたボールをFW赤嶺が左足で合わせ、勝ち越し点を奪った。「豊(FW豊川)がいい感じに落としてくれた。キーパーの動きは見られていたので、うまく押し込めた」


/////
現地応援にファジアーノ岡山 サポーター殺到 イオンモール岡山など パブリックビューイング(PV)

悲願達成を全力で後押し?。サッカーJ1昇格プレーオフにJ2リーグ6位のファジアーノ岡山が初めて挑むのを前に、サポーターのボルテージが高まっている。3位松本との初戦(27日)の舞台となる球技場(長野県松本市)のファジアーノサポーター用チケットは購入が殺到し観戦ツアーも早々と定員に達した。岡山でも同日、パブリックビューイング(PV)が予定され、熱い声援が送られる。 松本によると、ファジアーノサポーター向けのチケットは23日午前10時にインターネットとコンビニで販売を始め、正午までに予定数に到達。25日に急きょ追加販売に踏み切った。広報担当者は「今季、アウェーチームのチケットがこれほどの勢いで売れたことはなかった」と話す。 観戦チケット付きのオフィシャル応援ツアーも申し込みが集中。「パルツアー」(岡山市)が企画したバスツアーは募集初日の21日に100人以上が予約し、バスを3台から5台に増便。既に募集を締め切り、キャンセル待ちが出ているという。「盛り上がりは予想以上」と同社の担当者、奈喜良光賢さん(46)。鉄道で向かう日本旅行岡山支店(同)のツアーも募集から2日で40人の定員に達した。 27日の松本市は雨が見込まれ、オフィシャルグッズショップのファジスクエア(岡山市北区清心町)では、チームカラーのえんじ色のポンチョを買い求めるサポーターが目立つ。現地で応援予定の同学南町、会社員大岸洋子さん(49)は「応援席をえんじ色に染めて選手にエールを送りたい」と意気込んでいた。 岡山にいるサポーターのために、イオンモール岡山(同下石井)などではPVが開かれる。

//////

岡山の3か所でプレーオフPV◇あすの松本山雅戦 (イオンモール岡山、岡山コンベンションセンター、コミュニティー施設「奉還町りぶら」)

サッカーJ2・ファジアーノ岡山と岡山市などは27日、J1昇格プレーオフ準決勝(午後3時30分、長野県松本市)の松本山雅FC戦について、市内3か所でパブリックビューイング(PV)を行う。

 イオンモール岡山(北区下石井)、岡山コンベンションセンター(同駅元町)、コミュニティー施設「奉還町りぶら」(同奉還町)で実施。イオンは1階未来スクエアに定員400人の応援ゾーンを設け、館内外のモニター52か所でも放映。コンベンションセンターは2階レセプションホール(定員200人)を開放し、同1時30分から整理券を配る。りぶらはテレビ2台、40席を用意する。いずれも鳴り物や旗を使う応援は禁止。市スポーツ振興課は「みんなで盛り上がって、J1昇格を岡山から後押ししてほしい」としている。

/////
参考
/////
ファジアーノ岡山、J1昇格プレーオフへ 地元大学生が奉還町商店街に試合結果掲出

岡山市北区の奉還町商店街で11月20日17時ごろ、学生サークル「おかやま百年構想」が、サッカーJ2ファジアーノ岡山の最終戦試合結果をタペストリーに反映した。


 当日シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山対ザスパクサツ群馬戦は、前半にファジアーノが3点を先取したが、後半ザスパクサツが同点に追いつき、引き分けとなった。結果は引き分けとなったが、J1昇格を争うプレーオフ進出が決まった。
 
 J1昇格へのプレーオフが決まる最終戦は、今季最多の1万5203人が観戦した。同サークル代表の池田遥祐(ようすけ)さんは「注目の試合だったが、予想以上の観客数で驚いている。関心が高まっている証拠だ。盛り上がりが記憶に残り、歴史が積み重なった手応えを感じた」と話す。

 「おかやま百年構想」は、プロのスポーツチームとともにまちの活性化に取り組む岡山大学のサークル。サッカーやバレーボールなどプロのチームについて市民に興味を持ってもらう企画を検討し、スポーツチーム、商店街、企業などと連携して実践できるよう提案している。メンバーは13人、参加のきっかけはまちづくりに興味があることが共通点。毎試合観戦に行くようなファンや地元岡山出身という人は少数。すでに定着した地元ファン層とは異なる立場から提案できることも活動の特徴の一つ。

 最初の取り組みは、奉還町商店街に試合結果を示したタペストリーの掲示。4年間、試合が終わるたびに結果を反映し、掲示を更新し続けている。池田さんは「おかやま百年構想の活動の原点であり、奉還町商店街と一緒に応援できていることがうれしい。商店街での話題提供になり、通過する人たちに見て認識してもらえるように願って始めた。1万5千人もの集客に成長し、スタジアムから帰るサポーターが声をかけてくれる機会が増えた。これからもタペストリーは継続するので、注目してほしい」と話す。

 高校時代まで広島で過ごした池田さんは、クラスメイトと広島東洋カープの話題になることが多かった。「カープの存在が根付いて、街がチームを育んできたストーリーがある。たまに観戦に行く、代表的な選手を知っている、さりげなくグッズを持っているという人が多い。日頃からチームに触れる機会、関心を持つ文化が岡山でも浸透してほしい」と語る。

 J1昇格プレーオフ準決勝は11月27日、長野県で松本山雅FCと対戦する。次回タペストリー更新日は未定。
/////
参考
/////
ファジアーノ岡山、過去最高の6位 / ファジ「チャレンジ1」初達成

ファジ、過去最高の6位

明治安田J2最終節(20日・シティライトスタジアムほか=11試合)ファジアーノ岡山はホームで群馬と3-3で引き分け、過去最高の6位に入り、初のJ1昇格プレーオフ(PO)進出を決めた。通算成績は17勝14分け11敗(勝ち点65)で、年間勝利数、勝ち点ともクラブ史上最多タイ。 札幌が金沢と0-0で引き分けて勝ち点を85として優勝を決め、徳島を2?1で下して9連勝で84として2位を守った清水とともに来季のJ1昇格が決定した。松本は横浜Cを退けて84としたが、得失点差で3位となり、POに回った。 J1昇格の最後の1枠を争うPOは27日に準決勝があり、ファジアーノはアウェーで松本と対戦。勝てば12月4日の決勝で4位C大阪、5位京都の勝者とぶつかる。 讃岐は千葉と1-1で引き分け、勝ち点43の19位で今季を終えた。北九州は山形に敗れ、最下位でJ3に降格。21位の金沢が入れ替え戦で、J3で2位の栃木と対戦する。岡山3-3群馬前半3-1後半0-2岡山 17勝14分け11敗(65)群馬 11勝12分け19敗(45) 【評】ファジアーノ岡山は辛くも引き分けた。前半、DF岩政が頭で決めて先制し、FW押谷も2点を挙げ優勢に進めたが、前半ロスタイムに中央を破られ1点返された。これで相手を勢いづかせてしまい、後半は不用意なパスを奪われたりDF裏を取られたりして2失点。守勢に回り消極的なプレーが目立ったことやボールへの寄せが甘かったのは反省点だろう。 群馬は前線の決定力を生かし、3点差を追いついた。

////
ファジ「チャレンジ1」初達成

 ファジアーノ岡山の今季のホーム平均入場者数は1万17人となり、観客1万人を目指す取り組み「チャレンジ1」を2年目で初めてクリアした。昨季の平均8412人から大きく伸ばした。 開幕後の出足は鈍かったものの、第21節の清水戦から6戦連続で1万人超えを記録するなど巻き返した。1万5千人超の満員となったC大阪戦と最終戦の群馬を含め「1万人超え」はホーム全21試合のうち9試合に上った。クラブの地道な取り組みのほか、天候にも恵まれた。

////
ファジ 初のJ1昇格PO進出決定

サッカーJ2のファジアーノ岡山は20日、岡山市のシティライトスタジアムでリーグ最終戦に臨み、群馬と3-3で引き分け6位を死守、初のJ1昇格プレーオフ(PO)進出を決めた。 ファジアーノは前半、DF岩政の先制点やFW押谷の2得点で3-0とリードしたものの、前半終了間際に1点を返され、後半にも2失点し追い付かれた。勝ち点65(17勝14分け11敗)で7位町田に並ばれたが、得失点差で上回った。 ファジアーノは今季、堅守をベースに得意のセットプレーなどで得点を重ね、開幕から着実に勝ち点を積み上げた。最終盤は8試合白星がなく苦しんだが、POに進出できる6位以内に踏みとどまった。 POは3-6位の4チームがトーナメントで当たり、J1に昇格する最後の1枠を争う。準決勝は27日にあり、ファジアーノはアウェーで3位の松本と戦う。 この日、スタジアムには今季最多の1万5204人が詰め掛け、ホーム戦の今季平均入場者は1万0017人となり、クラブが昨季から取り組む「チャレンジ1」を初めて達成した。試合後のセレモニーでは木村社長、選手・スタッフが整列し、サポーターらの支援に感謝。長沢監督は「本当の戦いはここからで、われわれは魂で戦う。さらに勇敢に前に出て、目的を達成したい」と昇格への意気込みを語った。
/////
参考
/////

J1ゆき片道きっぷでファジアーノ岡山応援 ファジアーノ岡山 VS C大阪

昇格切符つかめ-。サッカーのJ2ファジアーノ岡山を応援する岡山市の鉄板焼き店オーナー桶井亮さん(39)=同市北区清輝橋=は4日に大阪市であるC大阪とのJ1昇格プレーオフ(PO)決勝に備え、ユニークな応援ボードを用意している。「絶対負けられない一戦。全力で選手を後押しする」と意気込む。 鉄道の切符を模したボードは発泡スチロール製で縦53センチ、横105センチ。中央に太字で「岡山▼J1」、周囲に「J1ゆき片道きっぷ」「岡山魂列車乗車券」などと印字してある。J2讃岐との「瀬戸大橋ダービー」で知り合った相手サポーターにPO前に作ってもらい、激励も受けたという。 元々、スポーツに関心がなかった桶井さんだが6年前、友人に連れられファジアーノのホーム戦を観戦し「選手と応援側の一体感に感動した」ととりこに。今ではホーム、アウェーを問わず、試合日にはほとんど会場に足を運んでいる。 チームは11月27日、長野県松本市であった松本とのPO準決勝で、後半ロスタイムのゴールで劇的勝利を収めた。冷たい雨が降りしきる中、桶井さんは、応援ボードを掲げ「J1に行こう」「歴史をつくるぞ」などと声をからした。ボード裏にはスタンドのサポーターら約50人のメッセージも書き込まれている。 帰岡後、「2016・12・4」と決勝の日付を新たに加えた桶井さんは「応援に行けない仲間の思いも背負って敵地に乗り込む。勝利を見届けたい」と気合をにじませた。


/////

ファジのJ1昇格 Cスタで応援を  ファジアーノ岡山 VS C大阪

(前回みたいに、イオンモール岡山でも、応援できるといいけどな・・・)

ファジアーノ岡山とC大阪のJ1昇格プレーオフ決勝(大阪市)のパブリックビューイングが4日午後3時35分のキックオフに合わせ、岡山市内2カ所で開催される。 ファジアーノの本拠地・シティライトスタジアム(同市北区いずみ町)ではメインスタンド(定員8千人)を開放し、大型ビジョンで観戦する。奉還町りぶら(同奉還町)には20席の観戦席を設け、立ち見も含めて定員80人。 ともに開場予定は午後2時半。いずれも無料で、太鼓などの鳴り物は禁止。 J1昇格を懸けた重要な試合に臨むイレブンを多くの人に応援してもらおうと、クラブや岡山商工会議所、岡山市などが企画した。
/////

ファジアーノ岡山、岡山に戻り練習再開 強豪C大阪に「秘策」はあるか?
/////
/////
スポンサーサイト



 | ホーム | 

# プロフィール

okayama00glocal

Author:okayama00glocal
FC2ブログへようこそ!

# 最新記事

# カテゴリ

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR